フェス初心者がしておくべき心の準備4選

初めての大型・野外フェス参戦にワクワク!期待で胸がいっぱいですよね。

しかしいざ行ってみると、「え?この急斜面の上で寝るの?」「シャワーの時間足りないんだけど・・・」と、戸惑いと驚きの連続です。

先に知っておけば、「自分が想像していたフェス」と「リアルなフェス」のギャップが小さくなり、キャンプ参戦の心構えもできるはずです。

それでは参りましょう。

テントに寝袋・・・ものすごいキャンプ感


大自然の中で行われる大型・野外フェスでは、「ベッドのあるホテル」ははるか遠い場所に存在するでしょう。ホテルから会場に向かうとなると、入場制限がかかり入れないなんてことも。

「え?じゃあ私たちはどこで寝るの?」会場にテントをはってその中で眠るか、もっと荷物をコンパクトにしたいのならば寝袋の中で眠ります。

さらに場所取りに失敗すると、立ち並ぶテントの間をぬって拠点を立てなければなりません。本当に場所がないと急斜面の上で寝なくてはならないこともあります。

行く時間によって、シャワーや温泉も大混雑


熱気に包まれた会場でフェスを楽しめば、汗だくになります。でも聞いたところによると、会場にシャワーが設置されているらしい!ありがたい!

しかしシャワーが設置された場所は、フェス参戦者で大混雑。あるところは5分/500円という料金で、頭でお金の計算しながらシャワーを浴びることになります。混雑しない時間帯を事前に調べておきましょう。

トイレットペーパーどこやねん


トイレの大行列に耐え忍んで並び、やっとの思いで用をたしほっと一息ついたとき、思わぬ事態に見舞われます。

「トイレットペーパーが・・・ない!!」トイレの混雑により、トイレットペーパーが切れていることは珍しいことではありません。自分で用意をして、もしもの事態に備えておきましょう。

フェスで耳栓をしている人はどういうつもり?


大型フェスのステージ前方では、耳栓をしている人を見かけることがあります。それを見たフェス初心者の方は、「音楽を楽しみに来ているのに、なぜ耳栓をしている?」「聞く気がないのか?」と勘違いしてしまうかもしれません。

しかし、ステージ前方では大音量の音楽を至近距離で聞く=爆音を聞くことになりますので、ある意味「耳栓」はなくてはならないグッズなのです。見かけても不愉快になる必要はありません!耳を大切にしているんだな、と暖かい目で見守ってあげましょう。

まとめ

初めてのフェス参戦は、知らないことや慣れないことで心身ともに疲れやすいはずです。でも誰もが最初は初心者です。心配なことや不安に感じることは、事前に調べておくようにしましょう!

マツザワユウカ

大学3年生。ハイパーはまりやすく、ハイパー飽きっぽい性格です。「記事楽しみにしてるよ」と言われると徹夜で記事書きます。


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ