タオルもいいけど手ぬぐいはいかが?僕がフェスに手ぬぐいを持って行く理由

2017.02.22

手ぬぐい犬

こんにちは。僕は去年までバックパック1つで世界中を旅をしながらフェスにも参加していました。
実はフェスの荷物とバックパッカーの荷物ってほとんど一緒なんですよね。
キャンプフェスともなればテントや寝袋、着替えなどなど総重量は軽く10キロを超えると思いますが、僕の荷物はいつも20キロ越え。
荷物を少しでも軽くするために、タオルを1枚も持たずに手ぬぐいだけで過ごした僕がフェスで手ぬぐいを持って行くメリットを紹介します。

 1.軽い

これは言わずもがなですね。
バスタオルは1枚280グラム前後。
フェイスタオルは80グラム前後。
手ぬぐいはなんと30グラム以下なんです!

2.小さい

バスや電車でフェスに行くとなるとバックパックひとつに荷物をまとめなければいけません。
バスタオルなんて入れたらそれだけで荷物がいっぱいになってしまうこともあります。
手ぬぐいならそんな心配はいりません。
手ぬぐいを入れる隙間さえないなんてことはないかもしれませんが、最悪ポケットに・・・なんてこともできちゃいます。

3.機能性

小さくて軽いのはわかったけど実際タオルの代わりになるの?って思ってる皆さん、朗報です。
機能性も抜群なんです。
手ぬぐいって端が切りっぱなしになっていますよね。
これには理由があって、乾きやすくして雑菌の繁殖を抑える効果があるんです。
また、怪我の応急処置をするときに手で簡単に裂くことができます。

さらに、手を拭いたり汗を拭いたりだけではなく、シャワーのあとに身体を拭いたり髪だってある程度乾かせてしまえるほどの吸水性もあります。
何度か絞らなければいけないのが難点ですが、絞るだけで吸水性が復活してすぐに乾くなんて驚きですね。
泊まり込みで洗濯もできないようなときにはタオルより手ぬぐいが役立ちます。

4.現地で買える

あれだけ入念にチェックしたのにタオルだけ忘れた・・・なんてことがあるかもしれません。
そんなときでも大丈夫、フェスの会場ではお土産として限定の手ぬぐいが売っていることが多いです。
忘れてしまったショックから一転、お土産を買える口実になりますね。

上記以外にも、頭に巻いたり腰からさげたりファッションの一部として使うこともできますし、他にもさまざまな用途で使える万能な手ぬぐい。
外国人ウケがいいので日本でも海外でも使えてとってもおすすめですよ。


鏑木将平
旅が好き。絶対行きたいフェスはグアテマラで開催される「Cosmic Convergence」。直前に骨折して行けなかったのでリベンジしたいです。ジャズ・EDM・懐メロをよく聴きます。

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ