ラバーバンドを使ったフェスで超オススメなタオルの巻き方

2018.03.17

今回はタイトルの通り、ラバーバンドを使用したタオルの巻き方をご紹介します。

特に動きまくる音楽フェスでは役立つこと間違いなしです!

普通の巻き方ではダメなのか?

タオルは必須アイテムの一つです。

音楽フェスでは、アーティストがよくタオルを観客と一緒に回す演出があったり、単純に汗を拭いたりするなど、使う場面がたくさんあります。

しかし、ただ首にかけるだけではジャンプをしたり動くときに落ちてしまう可能性があります。また普通にタオルだけで縛ると首が苦しくなったり、見た目も不恰好なので私はオススメしません。

ラバーバンドを活用せよ!

そこで、私がオススメしたいのがラバーバンドです!!

ラバーバンドとはゴム製のバンドですね。大型フェスに出演するアーティストならほぼ間違いなく物販でグッズとして買えます。(写真は現在人気上昇中のBlue Encountのラバーバンドです!)

用意するのはタオルとラバーバンド。以上!

方法はいたって簡単。タオルを首の邪魔にならないサイズに折って、それを首に巻きます。その両端からラバーバンドを通すだけです。

写真のようにするだけで、タオルがある程度固定されて自由に動けます。ラバーバンドはゴム製で滑りにくくなっているので、多少ゆるくても下に落ちることはありません。

さらに激しい動きをする方へ

紹介したタオルの巻き方でも問題ないですが、サークルを作ってモッシュをしたりダイブする人はラバーバンドを二重にして固定することをオススメします。

私はフェスやライブでは結構この巻き方をしています。これでタオルが落ちたり邪魔になったりしたことはないですね。

ただ、「しっかり固定しすぎてタオルを回すときに首から取れない!」ということもしばしば起こります(笑) なので、ラバーバンドをあまりきつく縛らないようにすることを心がけましょう。

他にもこのようなお役立ち情報もありますので一緒にチェックです!!

野外フェスの雨具対決!ポンチョVSレインウェア

便利な100均フェスグッズ|腰やカバンに吊るせるカラビナペットボトルホルダー

人気のフェスファッション|Dickies(ディッキーズ)のハーフパンツを履くディッキ族とは!?

——————————————————————-

フェスの情報はこちらをチェック!

 

トシキ

趣味は広く浅く、色々なものに興味があるサブカル男です。音楽フェスなどで騒ぐのは大好きですが、パリピではないので少し変わった視点からレポートをお届けできれば幸いです。


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ