ステキな川岸から見られる「第64回戸田橋花火大会」へ行ってきた

2017.08.09

こんにちは、FEStivaly編集部、40代女性の内山です。エアコン最高。

夏はできるだけ外出したくないんですが、この日だけは別。
8/5(日)、埼玉県戸田市在住13年の私が毎年楽しみにしている戸田橋花火大会へ行ってきましたよ!

今回は地元住民の視線から花火大会レポートをお送りします。

戸田橋花火大会って?

戸田橋花火大会2017

新宿からJR埼京線で20分のJR戸田公園駅近くの川岸で開催されるこちらの大会、今年で第64回目でした。戸田橋花火大会の公式サイトから紹介を引用させて頂きます。

「戸田橋花火大会」の特徴として、打上げ場所と観覧場所との一体感が高く、あたかも頭上で大輪の華が咲くかのように花火を鑑賞でき、花火の迫力ある音を体の芯で感じていただくことができます。これは、宅地化が進んだ埼玉県南地域においても、荒川の河川敷や戸田ボートコースといったオープンスペースに恵まれていることで、尺玉(10号玉)を安全に打上げることができる環境にあることが大きな理由です…

戸田橋花火大会最大の特徴は、荒川を挟んで対岸の「いたばし花火大会」との同時開催による相乗効果です。双方の特徴を融合し、県と都、市と区の垣根を越えて連携することで、約1時間30分の間に次々と打ちあがる両岸合計約12,000発の花火を、一度に楽しんでいただくことができます。

引用元:http://www.todabashi-hanabi.jp/point/

近所の商店で花火大会の有料指定席を購入(人生初)

例年はウロウロ散歩しながら見ている戸田橋花火大会ですが、今年はなぜか友人知人から

「すごかった!」

「人生が変わった」

など、有料指定席の迫力とすばらしさを聞く機会が多かったのでものは試しと、よくおむすびやお米を買いに行っている近所の「金子商店」さんでチケット買ってみました(ペア席5,000円)。

A・B・CブロックのうちのAブロック、その中でも良い席だったと後でわかりました。
ちなみにこちらの金子商店さんには併設のお弁当屋さん・You’s deliさんがあり、お弁当の他、米粉スイーツ、おしゃれな北欧ファブリックの布小物等も販売されています。

■店舗名
金子商店/You’s deli
■所在地
〒335-0022 埼玉県戸田市上戸田2丁目34-12

内山 奈保
日本酒・カフェ・甘いものが好き。よくいるタイプの埼玉在住40代女性です。フードフェス、アート系フェス、癒し系フェスを中心にレポートしていきます。

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ