タイフェスティバルを思いっきり楽しむためのTips!

2017.02.22

タイフェスティバル2017

皆さんお待ちかね、今年も日本最大級のタイイベント・タイフェスティバルが3都府県、東京、大阪、名古屋にて5月に開催されます!まだイベントの概要は発表されていませんが、例年のように本場のタイ料理はもちろん、飲料や雑貨、アーティストのパフォーマンス、ムエタイなどタイづくしの2日間になることでしょう。
そこで今回はタイフェスを何倍も楽しめるTipsを紹介します。

 

まずはパクチーが苦手なあなたに!

タイといえばタイ料理、タイ料理といえばパクチー。苦手な人も多いと思いますがそれではタイフェスは楽しめません。そこでご紹介するのがパクチーハウス。東京・経堂にあるこのお店は、なんとすべての料理にパクチーを使ったパクチー料理専門店なんです。

パクチーハウスは、
すべての料理のパクチーを使った
世界初のパクチー料理専門店
パクチーを愛する人に
惜しみなくパクチーを提供し、
パクチーが苦手な人を克服させます。

“交流する飲食店”というコンセプトを掲げ
相席を推奨、
貸し切りにしないというポリシー、
すべての人に開かれた立ち飲みスペース、
パーティの開催は、
“交流”を主目的にデザインしています。

パクチー
パクチーが苦手なあなたも、見知らぬ人と一緒にお酒を飲んでいればいつの間にかパクチーが大好きになっているはずです!

 

おしゃれ好きなあなたに!

タイの北部にはたくさんの少数民族が暮らしていて、それぞれがかわいいらしい民芸品を手作りで作っています。どの民族の物かわからない・・・なんてことがないようにいくつかの民族の特徴を紹介します!

①モン族

モン族の特徴は繊細なクロスステッチ刺繍と細かい模様のろうけつ染めです。手作りなんて信じられませんね。アップリケも有名です!


②カレン族

カレン族といえばシルバー。指輪からピアスまでさまざまなアクセサリーを作っています。アニミズムを由来とする文様が彫られているのが特徴です。あの有名な首長族もカレン族の分派なんですよ。


③アカ族

アカ族もモン族と同様で刺繍が有名ですが、を基調としたものが多いです。また、写真のような三角形で作る模様が特徴でもあります。アカ族は少数民族の中でも1番有名かもしれませんね。



 

音楽好きなあなたに!

タイフェスティバルではタイ人アーティストによるライブもあります。美男美女が奏でる音楽のクオリティの高さには驚かされますね。今年のアーティストはまだ発表になっていませんが、昨年出演したアーティストをいくつかご紹介します。僕のおすすめはぜひ聴いてみてください!

パオ・パオワリー

 

シーポーダム

 

Tiger Club

タイフェスティバル2017まであと3ヶ月、思いっきり楽しむためにいまから準備しましょう!

 

イベント詳細

東京

【会場】代々木公園
【日時】5月13日(土)、14日(日)10:00〜20:00

大阪

【会場】大阪城公園・太陽の広場
【日時】5月13日(土)、14日(日)10:00〜20:00

名古屋

【会場】久屋大通り公園・久屋広場
【日時】6月3日(土)、4日(日) 10:00〜20:00

公式ホームページ

鏑木将平
旅が好き。絶対行きたいフェスはグアテマラで開催される「Cosmic Convergence」。直前に骨折して行けなかったのでリベンジしたいです。ジャズ・EDM・懐メロをよく聴きます。

この記事のフェス情報

タイフェスティバル2017

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ