日本一のダーツの祭典!!主催者の熱意とその思いとは!?

2018.08.24

nae
日本ダーツ祭り

今月8/25(土)・8/26(日)に開催される「日本ダーツ祭り2018」は今回で3回目の開催になります。

「日本ダーツ祭り2018」詳細情報

これに先立ちまして、「日本ダーツ祭り2018」の主催者である、株式会社ダーツライブの五十嵐さん佐藤さんに開催にあたっての熱意や主催者側の思いをたっぷり聞いて来ました!

関連記事

「日本ダーツ祭り2018」へ行ってきました!その様子をレポートします!

ダーツ初心者「日本ダーツ祭り2018」へいざ出陣‼

主催者インタビュー

株式会社ダーツライブ 五十嵐さん・佐藤さん

ー今回のイベントの狙いは何でしょうか?

五十嵐さん:ダーツユーザーやダーツ業界の関係者の皆さんに「ダーツの未来」に可能性を感じてほしいという狙いがあります。

・試合をするときのシステムがアプリによって快適になる

・新製品の開発も積極的に行なっている

このようなことをメーカーが積極的に行なうことで、ダーツ業界を今後10年先まで盛り上げていきたい、という気持ちで運営しています。

copyright:株式会社ダーツライブ

ダーツは幅広い年齢の人に楽しまれている!

ー今年で3回目の開催となりますが、1回目と比べてどのような変化がありましたか?

五十嵐さん:3年目にして初めて、事前に行うトーナメントエントリーが、締め切り日よりも前に定員数に達しました。

ダーツのイベントとして、この「日本ダーツ祭り」が根付き始め、ファンの方にも楽しみにしていただいているんだなあと思いました。

copyright:株式会社ダーツライブ

ー直接ユーザーさんと触れ合うことで、感じたことはありますか?

佐藤さん:ダーツマシンメーカーとしては、20代後半から30代前半くらいのユーザーさんが多いことは予想していましたが、大人に混じって中高生も多く来場してくださっていることは、とても嬉しかったです。

今は漫画喫茶などにもマシンがあり、気軽に楽しめるからでしょう。

一方、世界タイトルを何度も獲得しているトッププレイヤーの中には、50〜60代の方もいらっしゃいます。

老若男女問わず多くの人々に楽しんでいただいているスポーツだと改めて実感しました。

「日本ダーツ祭り2018」は、成績管理がとても簡単!

ーでは、『日本ダーツ祭り2018』における、他の大会とは違う魅力はなんですか?

佐藤さん:成績表(スコアシート)を書く必要がないところです。

これまでのダーツトーナメントでは、点数や勝敗自体はマシンに自動で表示されますが、

スコアシートだけはマシンをみて、紙に直接書き込み、大会運営に手渡ししなくてはいけませんでした。

その紙をみて、運営者も成績をPCに打ち込み、次の試合を組み…というアナログな方法で行なっていたんです。

しかし今回は、参加者のみなさんに専用のアプリをインストールしていただき、そのアプリを使用することで、試合成績のデータが自動で大会運営側に飛ぶようになっています。

紙を一切使うことなく、次の試合は何時で、どの番号のマシンを使って行なわれるかを、プッシュ通知でお知らせしてくれます。

ですので、スコアシートの書き方が分からない方も、アプリさえインストールすれば、気軽に試合に参加できるようになりました。

このアプリは、「日本ダーツ祭り2018」で初めて導入されます!

大会に出る大変さやハードルの高さを下げるために、「マシンを作る」以外の面においても積極的に取り組んでいます。

「リアル」で対戦するからこそ一皮むける

ーオンラインダーツは、世界各国の人と通信対戦ができますよね。知らない方と対戦するという点では、今回の「日本ダーツ祭り」にも共通する部分だと思いますが……

五十嵐さん:そうですね。通信対戦機能が整っているので、画面越しで相手と対戦することができます。しかしあくまで「日本ダーツ祭り」は、人同士で対戦するという、「リアル」にこだわってやっていきたいと考えています。

緊張、プレッシャー、手の震え…。リアルで対戦するからこそ感じる緊張をぜひ経験してほしいです。

そういった経験を乗り越えて、ダーツプレイヤーとしてまた一歩成長できるのかなと思いますね。

copyright:株式会社ダーツライブ

ーそうなるとだんだん規模が大きくなっていくような気がしますが、すでに来年はこんな風にやっていこうというイメージはありますか?

五十嵐さん:次回の開催については今はなんとも言えないところですが、個人的には来年以降も開催したいと思っています。もしそうなれば関西でもやってみたいですね。

もちろん、行く末は海外開催。夢は広がりますね。

メーカーさんが出展するブースで、マイダーツを探そう!

ーオススメのダーツグッズはありますか?

佐藤さん:ダーツのグッズメーカーさんが日本中から参加していて、各メーカーで限定商品を多数売り出しています。

ブースでは、新商品が買えたり、開発中のアイテムに触れたり…購入前に試遊もできるんです。

だからその場で自分に合ったダーツを選ぶことができます。マイダーツを購入するにはうってつけの機会なので、これを機に買ってみるのもアリかもしれません。

さらに、DARTSLIVEオリジナル商品のロゴ入りのTシャツ・タオル・バンドなども販売する予定です。

ーこういった”ダーツグッズ”を集める人も多いと思いますが、他にはどんな集めたくなるグッズが?

佐藤さん:コアなユーザーさんだと、各メーカーさんとコラボしてデザインされた、DARTSLIVEカード(マシンに差すカード)を集めているコレクターさんもいます。

キャラクターとコラボしたカードの他に、本当に色んなデザインのカードがあるんです。

ーオリンピック正式種目への意気込み

佐藤さん:ダーツはまだまだスポーツニュースで取り上げてもらうことは少ないですが、昔に比べるとSNS等の普及によって知名度は上がってきてはいます。

定期的に世界規模で大会などが行なわれているので、競技人口が多いのは事実です。

しかし、ダーツはイギリスのパブ文化を発祥に広まった遊びのため、もともとお酒やタバコとは縁があり、切っても切れない関係だと感じています。

お酒やタバコを嗜みながら、ラフに楽しめるという文化も大事にしつつ、スポーツとしてのクリーンな一面も今後PRしていきたいですね。


五十嵐さん佐藤さん、今回は貴重なお話ありがとうございました!

8/25(土)・26(日)は『日本ダーツ祭り2018』で決まり!

イベント情報

日本ダーツ祭り2018

【日程】2018年8月25日(土)・26日(日)
【場所】東京ビックサイト西4ホール(東京都江東区有明3丁目11-1)
【公式ページ】日本ダーツ祭り2018

皆さんも、この夏の最後の思い出を「日本ダーツ祭り2018」で締めくくってはいかがでしょうか?

会場に行くだけで楽しめるコンテンツが盛りだくさんです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

趣味は食べ歩き、映画鑑賞、運動(特に球技全般)です。皆さんに楽しく、わかりやすいフェス情報をたくさん発信できるように頑張ります!


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ