周りと差をつけたい!夏フェス参戦にオススメヘアアレンジ【6選】

2018.06.09

もう6月ですね。夏フェス時期がやってきますね。そこで悩むのはフェスに行く時の髪型。いつもと違う髪型にしたい!周りと差をつけたい!そんな女の子のために夏フェス向けのおしゃれで可愛いヘアアレンジをご紹介します。

ポイント

1.崩れないこと

夏フェスはとにかく暑く汗をかきます。また、たくさん動いたり、もみくちゃにされたりします。髪型が気になって楽しめない…なんてことにならないようにしましょう。

2.邪魔にならないこと

フェスは他人との距離が近いので、周りの人に迷惑のかからない髪型で行きましょう。髪が邪魔で見えない…ジャンプした時髪が当たる…などが考えられます。

3.帽子が被りやすいこと

夏フェスでは暑さ対策のために帽子は必須。帽子をかぶりやすい低めの位置でのヘアアレンジがお勧めです。

おすすめヘアアレンジ

1.三つ編み

一見難しそうですが一度できるようになると簡単に感じると思います。エクステと一緒に編み込むド派手でとっても可愛いです。キャップやバケットハットなどの帽子と相性が良く、暑さ対策もできます。また動いても崩れにくい髪型なので野外フェスにはぴったりです。

2.つのヘア

つのヘアとは、その名の通り角のようなヘアアレンジのことです。今若い世代にとても人気の髪型です。ゴムとピンがあれば誰でも簡単にできます。髪の長さによって様々なタイプのつのヘアができるので、自分に合ったアレンジができます。インスタ映えバッチリの髪型です。

3.ポニーテール

定番ですが人気の髪型です。キャップがとても似合う髪型なので暑い野外フェスにはぴったりです。また、男性ウケも良いらしいですよ。しかし、動いた時に周りの人に束ねた髪が当たらないように注意が必要です。

4.ツインテール

甘さが思いっきり出せて華やかで可愛いです。普段はツインテールなんて…と抵抗ある方もフェスの日くらいは思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか。

5.ウェーブヘア

無造作感がおしゃれで人気が高いです。簡単に外国人風になれます。フェスで人気の花かんむりがとても似合います。野外の熱気で緩んできたら三つ編みに。涼しくなってきた頃外すとウェーブは復活します。外出先でも簡単にメンテナンスすることができてオススメです。

6.おだんご

ミディアムより長さがあれば簡単に作れちゃうお団子ヘア。ゆるくふんわりした雰囲気にするのがトレンド。ひとつにまとめてしまうので髪の毛が邪魔なんて心配はありません。三つ編みや編み込みを取り入れたりアレンジが自在な髪型です。

キプリング公式サイトでは、さまざまな分野で活躍する女性を応援するMYSTORYを更新。 vol.26はアクセサリーデザイナーの安田華さん。アクセサリーブランド[Pyonta]を主宰し、セレクトショップやハンドメイドマーケット[minne]を中心に活躍されている安田さんの姿に迫ります。 #キプリング #Kipling #Kipling_Japan #mykipling #バッグ #bag #bags #monkey #さる #キプリングモンキー #baglover #ママバッグ #サコッシュ #ウエストポーチ #waistbag #サマーバッグ #カジュアルファッション #カジュアルバッグ #カジュアルコーデ #ハンドメイドアクセサリー #ハンドメイド #小旅行 #旅行バッグ #夏バッグ #フェスバッグ #フェスファッション #casualfashion #カジュアルコーディネート #フェスコーデ #summerbag

A post shared by バッグブランド キプリング日本公式アカウント (@kipling_japan) on

 


いかがでしたか?今回はフェス用ヘアアレンジを紹介しました。どのヘアアレンジも簡単なものばかりなのですぐ挑戦できます。フェスは夏の一大イベント。思いっきり楽しんで思いっきり目立ちたいですよね。ヘアアレンジのポイントをバッチリおさえて、フェスをより一層楽しみましょう。最高の思い出を作ってください♪

もえ

群馬県出身の大学3年生です。フェスに行くのが好きです。皆さんに役に立つフェス情報がお届けできるように頑張ります!


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ