夏フェスを1日楽しみ尽くしたい人にオススメのファッションとは?

2017.06.07

summer_fes_fashion_eyecatch

半袖でも暑さを感じる季節になりました。つまり、夏フェス本番の時期がすぐそこにやってきているということですね!!

私もチケットを確保し、あとは何を着て参戦するか今からワクワクが止まりません。

ここ数年で夏フェスにおけるファッションも、特集が雑誌や店頭で組まれたり、各フェスのオフィシャルによるフェスファッションスナップが公開されたりするほど、フェスを楽しむ一つの要素になっています。フェス会場にはおしゃれな着こなしをしている人もたくさんいます。

でも、楽しみ方次第では、そのオシャレが体力を奪い、思う存分楽しめなくなるなんてことにも…。

今回は、「好きなアーティストは前方でみたい」「結構動き回る予定」という方が、フェスを1日楽しみつくすためのオススメファッションをご提案します。

夏フェスの暑さには速乾性アイテムで対応

まず着用するものは、速乾性に優れ、動きやすいものがいいでしょう。

1日炎天下のもと動き回るとたっぷりと汗をかきます。すぐに着替えることができれば問題ありませんが、見て回るステージが多ければ着替えるタイミングを逃すこともあります。速乾性に優れたTシャツやパンツを着ておけば、短時間で汗が乾き、1日中快適に過ごせます。さらに、多少の雨くらいなら、レインコートなしでも対応できます。

summer_fes_fashion_01
最近では、サッカーやバスケットのユニフォームを模したグッズを取り扱うフェスも多くなってきました。汗をたっぷり吸って重くなるコットン製のTシャツよりも、さっと汗が乾くのでオススメです。

summer_fes_fashion_02
ちなみに私はメッシュ素材のTシャツを見つけたので、今年はこれをヘビロテする予定です。パンツもポリエステルとポリウレタン素材の乾きやすいものにしています。

クリス
フェスで一番悲しかったことは、カウントダウンジャパン最終日にインフルエンザにかかり、1泊19000円払ってアパホテルステージで一人悶絶しながら年越しをしたことです。それ以外はいい思い出ばかりです。普段は生きる屍のような人間ですが、フェスでのきらめきっぷりは誰にも負けないです。

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ