雪まつりの足元に!こんな滑り止めはいかがでしょう?

2017.01.27

雪まつりシーズンの到来です!
さて、日常生活で雪に縁のない人が「雪まつり」に参加するとき、一番気になるのは「どんな服装をしたらいいんだ?」ということと、「滑るんじゃないか?」ということではないでしょうか。
そんなわけで今回は雪山登山愛好家の立見が、手持ちの雪山道具の中から「雪まつり」にもっとも適した靴の滑り止め(別名、簡易アイゼン、またはスノースパイク)をご紹介したいと思います。

「さっぽろ雪まつり」の公式サイトを見てみた

「雪まつり」の中でもっとも有名なものといえば「さっぽろ雪まつり」をおいて他にはありません。
その公式サイトに、服装についてのヒントが掲載されていました。

Q.どんな服装がよいのかな?
A.長い時間、外を歩くことになるので、シャツ・セーター・外套の3枚重ねくらいが適当です。外套はオーバーまたは、スキージャンバーのような本格的なものが良いです。薄いコートでは寒いでしょう。
また帽子や耳あて、手袋も必要です。

よくある質問 – さっぽろ雪まつり公式サイト|SAPPORO SNOW FESTIVALより

なるほど、スキーや雪山登山をイメージすると話が早いかもしれません。
一番下に下着、その上にシャツ、そしてセーターもしくはフリース、一番上にダウンジャケット・コートなどをレイヤリングすれば、重くならずに済みます。
もちろん帽子などの小物類も必携です。

また、足元については次のように書かれています。

Q.靴はどんなものがよいのかな(滑り止めは売ってるの)?
A.路面は凍結していることが多いので、冬用の裏面に溝を切ってある靴でないと歩くのは難しいです。 もし、お持ちの靴がそのような裏面がついていないなら、靴の上から装着する 「滑り止め」を購入して使うのが良いでしょう。「滑り止め」は1つ1,000円くらいでJR駅、地下鉄駅の売店で売っています。商品名が色々あるので、「滑り止めをください」 といって靴を指させば店員さんはわかってくれるはず。

よくある質問 – さっぽろ雪まつり公式サイト|SAPPORO SNOW FESTIVALより


SOREL(ソレル) CARIBOU カリブー レディース スノーブーツ NL1005 24:(7) Shale [並行輸入品]

「冬用の裏面に溝を切ってある靴」というのは、「水曜どうでしょう」で大泉洋さんが淡路島へ行くときに履いていたアルプススノー社の「雪面の飛び魚」(父・大泉恒彦さん所有)のことでしょうか?
それともスノーブーツのようなソールがギザギザしたものでしょうか。


水曜どうでしょう 第4弾 サイコロ3 〜自律神経完全破壊〜 前編/後編 完全版 [DVD]

ソレルのような、おしゃれなスノーブーツもいいのですが、私は断然、雪面の飛び魚上記の「よくある質問」でもふれている「滑り止め」を買うのが一番お手頃です。

立見香
フジロックを経由して登山沼にハマってしまった編集者/ライターです。苗場山にはまだ登ったことがありません。これから行ってみたいイベントは水曜どうでしょう祭り(キャラバン)です。ここをキャンプ地とする!

この記事のフェス情報

gosetsu-jam2017
nikko-yumoto-yukimatsuri
sapporo-yukimatsuri

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ