さいたまトリエンナーレ2016に行ってきました<岩槻周辺編>

さいたま市で開催中の「さいたまトリエンナーレ2016」(会期:9月24日~12月11日)に行ってきました。
127万人が生活するさいたま市に、世界に開かれた創造と交流の場をつくりだすことを目指す国際芸術祭で、テーマは「未来の発見!」。
開催エリアは、大宮駅周辺、浦和駅周辺、岩槻駅周辺です。

まずは岩槻駅周辺を目指しました。
岩槻駅周辺にある「旧民族文化センター」で様々な作品が展示されています。
岩槻駅へは大宮駅から東武アーバンバークラインで向かいました。
岩槻駅の改札口を出ると目の前にインフォメーションがあり、無料で手に入るアートマップとスタンプラリーが置いてあります。
公式イメージキャラクター「さいたマムアン」がイラストされていてとても可愛いです(展示各所で、さいたマムアンのスタンプが押せます。全部集めると何かと交換してもらえます)。

インフォメーションの方に「旧民族文化センター」への行き方を聞くと、無料のシャトルバスがあることを丁寧に教えてくれました。
シャトルバス乗り場へ向かうと、その途中に「さいたマムアン」の看板があって案内してくれます。
シャトルバスは9時40分から30分間隔で出ています(土日祝は20分間隔)。
シャトルバス乗り場から会場までは15分程度で到着します。

旧民族文化センターには、さいたまトリエンナーレ2016の看板が掲げられていて、バスの右側に座っていると目に飛び込んできます。
ロゴは、中島英樹さんがデザインされました。

デザインのコンセプトは、広大な関東平野、澄み渡る空の広がり、豊かな水、さいたま市の多様な魅力を彩りにたとえて表現しています。
トリエンナーレのコンセプトである「未来の発見!」につながるよう、無限の広がりを持つ空や水を表す青をベースにしました。
角度を付けた長方形はさいたま市の形を、両端の青の線はさいたま市の河川を想起させます。と、さいたまトリエンナーレ2016のホームページで紹介されています。

バスを降りると、目の前にはマテイ・アンドラシュ・ヴォグリンチッチさんの≪無題(枕)≫が旧民族文化センターの前庭に飾られています。
なんと、枕が庭を覆い尽くしています。
その光景は日常ではありえないものですが、ベッドタウンさいたま市を直接的に表現しているように思えます。しかしそれは嫌味たらしくなく、とても暖かく優しく見えます。
さいたまという場所がとても寝心地(住み心地)が良いところなのだろうと感じます。

≪無題(枕)≫の横には、ウィスット・ボンニミットさんの≪未来はプレゼント≫があります。
さいたマムアンが描かれているマンガのような作品で文字(言葉)はありません。
さいたまトリエンナーレ2016のテーマは「未来の発見!」ですが、さいたマムアンが未来はどのようにもたらせるものなのかを教えてくれるような作品です。

これら2つの作品を見ながら正面入り口から中へ入ると、大洲大作さんの≪Commuter/通う人≫があります。
4つの車窓枠が電車と同じように横に並び、そこに4つの景色が映し出されています。
写真はシャッタースピードがどれも違うのか、並びは連続していると思うのですが見え方が異なっていて面白いです。
さいたま市で生活している人には馴染み深い風景なのだろうと思います。
風景は時間・天気・季節だけではなく、感情や見方によっても変わってくるものだということを、横に並ぶ4つの窓が見せてくれます。

正面入り口の右側には、さいたまトリエンナーレ2016の説明があります。
ディレクターを務める芹沢高志さんのメッセージも掲示されています。冒頭部分だけ紹介します。

さいたまトリエンナーレ2016が目指すのは、2016年のさいたま市に、世界に開かれた創造と交流の現場をつくりだすことにほかなりません。

現代の日本社会は大きな転換期にあると言えるでしょう。
いや、日本だけではない。
世界的にこれまでの構造が激しく揺らぎはじめ、私たちには自分たちの未来が見えにくくなってきています。
だからこそ、今、私たちは想像の力を羽ばたかせ、誰かから与えられた一つの未来ではなく、自分たちが生きてゆく未来を、自分たち自身で、足元から見つめ直していくことが求められていると思うのです。

このような認識のもとに、私はさいたまトリエンナーレ2016のタイトルを「未来の発見!」としました。

この「足元から見つめ直していくこと」という言葉が胸に残りました。
さいたまの友人らは自分たちが住む場所には「なにもない」と良く口に出すことがあります。
ベッドタウンなだけで、さいたま独自の何か凄いものがあるわけではない。と。
だからこそ、さいたまの足元とは何だろうかと気になりました。

その後見てまわった作品は、作者がさいたまの何を感じたのかを意識しながら見るようにしました。
アーティストのフィルターを通して見るさいたまは、なにもないどころか、独特なものばかりあるように思えました。
なにもないのではなく、何も見ていないだけなのだと思いました(それは私が住むところでも同じことが言えるのですが)。

ごくごく普通に思える日常は、ごくごく普通なことではない。その気づきを、さいたまトリエンナーレ2016は、地元さいたま市民の皆様へ伝えてくれると思います。
そして、とても意味深いものになると思います。
市民ではない私にとっても、芸術祭もさいたまという土地自体もとても魅力的に見えます。

旧民族文化センターには、14のアートプロジェクトが集まっており、どの作品も見応えがあります。
1つ1つ紹介したいところですが、どの作品も実際に見て、それがなぜここにあるのか、さいたまとの関係性がどこにあるのか考えながら見てほしいと思うので割愛します。
作品に甲乙つけられませんが、個人的には、川埜龍三さんの≪犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう≫と、目さんの≪Elemental Detection≫が最も印象に残りました。

水と土の芸術祭 市民サポーターズ
副代表 平岩 史行

ゲストライター
FEStivalyへ記事を寄稿いただいたゲストライター用のアカウントです。

この記事のフェス情報

さいたまトリエンナーレ2016

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ