Wiz Khalifa(ウィズ・カリファ)「WIRED MUSIC FESTIVAL’17」で初来日!! 記念に主演映画もご紹介します♪

2017.04.04

超おバカ!「マック&デヴィンの“ハイ”スクール生活」のあらすじ

ストーリーという程のストーリーはない“おバカ映画”なのですが、あえてあらすじをご説明させていただきます。

ウィズ・カリファ演じるデヴィンは非常に優秀な生徒、そしてスヌープ・ドッグ演じるマックは高校を10年も留年してしまっている大御所で、女子にモテモテの人気者という設定。

成績優秀で将来が約束されているデヴィンは卒業式で卒業生代表のスピーチすることになったのだけれど、勉強しかしてこなかった彼は何をテーマに話していいか分からない。
そこで、学校一の人気者で人生をエンジョイしているマックに相談することから、おバカな物語が始まります。

マックは、今年こそ卒業したいと3週間で4年分の勉強を詰め込もうとする。一方、デヴィンは3週間で4年分の遊びを体験することになる…

マックの着ているスタジャンの右腕には2001年〜2010年まで留年していることが刺繍で刻まれている演出など、ところどころの演出が「分かる人には分かる」感じのおバカな演出が可愛い映画です。

さすがに有名ラッパー2人が主演している映画らしくサントラは良くできています。
なかでも筆者のお気に入りは、ラストシーンの卒業式で流れる”Young, Wild and Free ft. Bruno Mars”です。

グラミー賞“最優秀ラップ楽曲賞”を受賞している楽曲で、なんと言いますか、和訳をためらうレベルのぶっ飛んだラップが特徴です。
とにかく、「人生を楽しもうぜ!」というメッセージを陽気に堂々と歌っている姿が私は大好きです。

筆者の住む韓国からは検閲に引っかかるようで、映画「Mac & Devin Go to High School」関連のyoutube動画は年齢で視聴制限されていて、簡単に視聴することができません。
パンチが効きすぎていることは、韓国のyoutubeも認めているようですね(笑)。

日本でも間違いなく問題児扱いのウィズ・カリファ。彼の初来日のパフォーマンスをどうぞお見逃しなく!

みーも

幼き頃よりクラブカルチャーに憧れ、思春期に坂本龍一やテイ・トウワなどの電子音楽に恋をする。その後、House・Technoに目覚め、19歳にして女子2人組のVJユニットを結成。自作の動画素材をネタに関東を中心にあらゆるジャンルのクラブイベントや野外レイヴでプレイ。
就職後、北アフリカに2年間滞在。ヨーロッパ各地のクラブ、野外フェスに女1人で突撃し音楽を求め旅を続けた。
国際結婚を機に現在は韓国在住。


この記事のフェス情報

wired-music-festival17

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ