女性からアタック!なるべく勇気を出さないデートの誘い方

女性が「気になっている人とデートがしたい…」と思うのは当然のこと。でも「誘い方がわからない!」という女性が多いのではないでしょうか?

今回は女性からのデートの誘い方をご紹介します。

これを読んで、気になるあの人とのデートを実現させましょう!

1.目的があるデートに誘うべし

「デートしましょう!」とストレートに誘ってみるのも一つの手ですが、奥手の女性にはなかなかハードルが高いかも…。

「気になるお店があるんだけど、一人だと入りにくいから一緒に来てほしい」「男性の先輩の誕生日プレゼントを一緒に選んでほしい」など、目的があるお出かけだと誘いやすいでしょう。

帰りにお礼として食事に誘うと、ぐっとデートっぽくなるのでオススメです。

2.お礼の形でデートに誘うべし

1でも少し触れましたが、「何かのお礼をするために食事に行く」方法もあります。

お礼ですから、とびっきりおしゃれなレストランに行く必要はありません。そこまですると逆に相手が遠慮してしまいます。

話を聞いてもらったり、何かを手伝ってもらったときに「お礼にお茶でもどうですか?」と軽く誘ってみましょう。

もちろん「感謝の気持ち」を忘れずに。

3.日取りを明確に提示すべし

こちらから日取りを明確に提案しないと「そうだね、また暇なときに行こう」と、せっかくのデートの誘いが流されてしまうかも。

「今週の木曜日あいてますか?」などと日取りを明確に指定することで、誘いの本気度を伝えることができます。

ただ相手が明らかに忙しいときに、候補の日取りを限定しすぎるのは逆効果。約束の時期を少し先にするなど、相手への気遣いも忘れないように心がけましょう。

デートに誘うときの心構え

相手のことばかり意識していては、デートの誘い方が不自然になってしまいがちです。

デートの目的を明確にしておくと、相手に向いている意識が「目的の達成」へと分散されて、自然な流れで相手をデートに誘うことができます。

「相手と楽しく、デートの目的を達成する」こと。これを頭において、気になるあの人とデートに行きましょう!

デートの候補にフェスはいかが?

「デートっていうけど、どこに行けば良いかわからない…。」という女性の皆さん!

デートにフェスはいかがでしょうか?

いきなりおしゃれなレストランなどを選ぶと、お互いあらたまって緊張してしまうかも。

フェスであれば会場の盛り上がりに呼応して気分が上がり、普段はできない話が弾むことでしょう。「この行列はなんだろう?」など、話のきっかけもたくさんあるはず!

フェスの種類は定番の「音楽フェス・肉フェス」をはじめ、「パンのフェス」や「餃子フェス」など実にさまざま!

気になるフェスを見つけて、相手をデートに誘ってみるのもアリかもしれませんね!

フェスの情報はこちらをチェック!

マツザワユウカ

大学3年生。ハイパーはまりやすく、ハイパー飽きっぽい性格です。「記事楽しみにしてるよ」と言われると徹夜で記事書きます。


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ