【検証】夏フェスのテント泊にメリノウールTシャツは使えるのか

2017.01.19

野外フェスでテント泊をしたことがある人なら必ず一度はお世話になっているお店といえば「登山用品店」。
お店のアンダーウェア売り場で「メリノウール」の製品が並んでいるのを見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。
今回は、夏の野外フェスにメリノウールは使えるか否かを、個人的な体験を踏まえて検証していきたいと思います。

メリノウールの良いところ

他の素材と違う、メリノウールの良いポイントとは、、、

・汗が乾きやすい(速乾性◎)
・ずっと着ていてもにおわない(防臭性◎)
・肌触りがなめらか(快適性◎)
・夏は涼しく冬は暖かい(温度・湿度調整◎)

このあたりです。

メリノウールの「速乾性」は万能か?

1つ目の「速乾性」というポイントにしぼるとメリノウールも素晴らしいのですが、実はモンベルがリリースしている「ジオライン」という、メリノと化学繊維のいいとこどりという評判もあるシリーズの方がすぐれています。
しかし、乾きにくい天然素材の代表である綿製品やヒートテックなどのアンダーウェアと比べれば、確実にメリノウールに軍配があがります。


ジオラインTシャツ

立見香
フジロックを経由して登山沼にハマってしまった編集者/ライターです。苗場山にはまだ登ったことがありません。これから行ってみたいイベントは水曜どうでしょう祭り(キャラバン)です。ここをキャンプ地とする!

この記事のフェス情報

フジロック2017

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ