一度は行ってみたい海外フェス 〜Lost Village編~

2017.12.26

  • 小規模ながら注目度の高いフェス”Lost Village(ロスト・ヴィレッジ)

"Like an out of body experience, it barely seemed real" ????????????

A post shared by Lost Village (@lostvillagefestival) on

2017年のUKフェスティバル・アワーズで4部門ノミネートされ、そのうちの2部門を受賞したという非常に注目度の高いフェス。それがLost Villageです。Lost Villageが授与された賞は下の2つ。

・ベスト・フェスティバル・プロダクション賞

(音響や照明、ステージデザイン、特殊効果からビジュアル的な演出など、観客の心に残る体験を提供したフェスに授与される)

・ベスト・スモール・フェスティバル賞

(1日の観客収容人数が10,000人未満規模の中で最高のフェスに授与される)

小規模ながら充実した体験を期待できるフェスであることがわかりますよね。

有明コロシアムや幕張メッセのイベントホールくらいの規模のフェスを想像していただけると、わかりやすいでしょうか。

どんなところで開催されているの?

開催地はイギリスはイングランドのノートン・ディズニー(Norton Disney)という小さな村です。2011年時点の人口は226人というところからも、ひっそりとした雰囲気が想像できますね。

ノートン・ディズニーという村の名前の通り、映画製作者のウォルト・ディズニー(Walt Disney)で有名なディズニー家に縁(ゆかり)のある土地なんです。

Lost Villageが提供している「幻想的な夢の国」というテーマにもリンクしているのは偶然なのでしょうか?!

Never forget… #lostvillage2017

A post shared by Lost Village (@lostvillagefestival) on

会場となる森林地帯はLost Villageという「失われた村」を意味する名前のイメージ通り、廃村を舞台に繰り広げられます。

In a forest long forgotten, a different world awaits… ????????????

A post shared by Lost Village (@lostvillagefestival) on

シュールレアリズム(超現実主義)と呼ばれる「夢や幻想の世界観」をデコレーションやパフォーマンスで表現し、観客を幻想的な世界観に迷い込ませてくれるのです。

Lost Villageのパフォーマンスやインスタレーションには、テーマやメッセージが込められています。

独特の世界観にトリップしながら、極上の音楽を楽しむことができるというわけです。

これらの素晴らしいビジュアル的な演出が評価されて、ベスト・フェスティバル・プロダクション賞を受賞したのです。

音楽のジャンルは?

When a picture is worth a thousand words…????????????

A post shared by Lost Village (@lostvillagefestival) on

SoundcloudのLost Village Festival公式アカウントから音源を聴くことができます。

昼と夜では、雰囲気が違うものの基本はハウスをベースとしたオシャレな選曲という印象です。

2017年の出演アーティストのラインナップから、筆者が気になったアーティストをご紹介します。

2manydis(DJ Set)

ベルギー出身の兄弟DJユニット。言わずと知れた有名どころですね。

Dixon

Dixon(ディクソン)ことSteffen “Dixon” Berkhahn(ステファン・ディクソン・ベッカーン)はドイツを代表するDJ兼プロデューサーです。

1998年にJazzanovaとのコラボで初のリミックス音源をSonar Kollektivから発表しています。

さらに2005年にÂmeと共にINNERVISONS(インナーヴィジョン)を立ち上げ、今やベルリンの名門レーベルとして君臨しています。

その後のMIX CD多くの名作と呼ばれるリミックスを世に送り出している世界的人気DJです

Jackmaster

13歳でDJを始め、17歳にしてクラブのレジデントDJの座に上り詰めたという経歴を持ち、30歳にして熟練DJとなっているJackmasterことJack Revill(ジャック・レヴィル)

世界屈指のオンライン・エレクトロニックミュージック・マガジンであるResident Advisor(レジデント・アドバイザー)が選ぶ2017年のTOP DJ100の投票で1位がDixon2位がJackmasterでした。

小規模のフェスでありながら世界のトップDJを同時に観ることができるというのは、提供されている音楽のクオリティが高いことを表していますよね。

Jeremy Underground(ジェレミー・アンダーグラウンド)

フレンチ・ハウスDJのJeremy Underground。彼は2017年5月に初来日して、南青山でハウスのDJ EMMAと共演しています。

今後、日本のフェスでも活躍するかもしれませんね。

Merci Lyon ???????????? & Nantes! ????????

A post shared by Jeremy Underground (@jeremyunderground) on

ラインナップの中には、HipHopのライブアクトも盛り上がっていました。

Loyle Carner(ロイル・カーナー)

 

Reminiscing this aft, @loylecarner @lostvillagefestival was naughttty

A post shared by Joe Di Franco (@difrancoo96) on

De La Soul(デ・ラ・ソウル)

1989年からニューヨークで活動している大御所で2016年に発表したアルバム「AND THE ANONYMOUS NOBODY」を引っさげてのワールドツアーですね。

生バンドの演奏するファンクやジャズにMCが絡むサウンドが特徴で、ジャズフェスにも参加しています。

筆者が個人的に長年に渡って愛してやまないイギリスのアーティスト、Mr. Scruff(ミスター・スクラフ)ことAndrew Carthy(アンドリュー・カーシー)も参加していましたよ♡

Windows 7のサンプルミュージックに使われていたのでご存知の方も多いはずです。ninja tuna(ニンジャ・ツナ)というネーミングセンスといい、このジャケットといい、可愛いんです

Next:気になるフェス飯は!?音楽以外も充実!!

みーも
幼き頃よりクラブカルチャーに憧れ、思春期に坂本龍一やテイ・トウワなどの電子音楽に恋をする。その後、House・Technoに目覚め、19歳にして女子2人組のVJユニットを結成。自作の動画素材をネタに関東を中心にあらゆるジャンルのクラブイベントや野外レイヴでプレイ。 就職後、北アフリカに2年間滞在。ヨーロッパ各地のクラブ、野外フェスに女1人で突撃し音楽を求め旅を続けた。 国際結婚を機に現在は韓国在住。

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ