女ひとり飲みOK|第3回埼玉地酒街めぐりin川口で地域の美酒に酔う

2017.09.21

滝澤酒造(深谷市)/菊泉純米酒


記念すべき一杯目は渋沢栄一氏の故郷・深谷市の特産であるレンガで作った麹室が特徴というかっこいい蔵元さんのお酒。深谷といえば「ねぎ」や、ゆるキャラ「ふっかちゃん」を連想していましたが、今後は菊泉をイメージすること確定です。

権田酒造(熊谷市)/直実ひやおろし


武将萌えの方にはたまらない名前なのでは?ちなみにアルコール度数18度。普段飲んでいる缶チューハイが7%なので、その倍以上ですね。それなのにスッキリしていて優しい感じがします。雨でよれてしまいUPできず残念ですが、いただいたお店紹介の小冊子もかっこいいです。

酒造文楽(上尾市)/秋上がり特別純米酒1回火入れ


ビギナーとして「一回火入れ」「生酒」の区別を、こちらで頂いたお酒で知りました。実はまだよく味の違いがわからないので、今後の楽しみになりそうです。この日、会場であった落語ライブを(伝統芸能つながりで)文楽さんのお酒を飲みながら聞いてみたかったー

小山本家酒造(さいたま市指扇)/金紋世界鷹ひやおろし


近所の酒屋さんで販売されているので時々購入していた銘柄です。英語だとWorldwide Golden Eagle?文法あっているかわからないけれど、ネイティブアメリカンの戦士みたいで強そうですね。ありがたい樽からいただいてご利益を感じます。

松岡醸造(比企郡小川町)/プレミアム純米吟醸生原酒MIKADOMATSU


黄色い16年熟成吟醸酒はブランデーのような感じ?お米がこんな風になるなんてびっくりです。飲み屋さんで見たら頼むのを躊躇するだろうな(高そう)というヴィンテージ感あふれるラベルもステキ。本社で通年販売されているという、ドライバーや子どもでもOKの大吟醸アイスクリームも気になります。

五十嵐酒造(飯能市)/天覧山


「甘く感じた後に辛い」日本酒ビギナーとして、あきらかにわかりやすいもの以外「甘い」「辛い」がよくわかっていないので、こういう解説があるとうれしいです。飯能の山が天覧山なのかしら。久しぶりに西武池袋線に乗りたいです。

内木酒造(さいたま市浦和)/旭正宗吟醸生貯蔵酒


中浦和の蔵元さん。販売店を見るとFEStivalyの運営元であるスマートスタイル・コンプレックス社近くの伊勢丹浦和店で販売されていることがわかりました。欲しくなったら通勤の帰りに買えそうでうれしいです。

丸山酒造(深谷市)/織星特別純米ひやおろし


埼玉の北端・深谷にほど近い栃木県南部に親戚が多いので、織物の産地だから「織星」なんだろうな、と直感でわかりました。埼玉工業大学とのコラボ日本酒もあるようで気になります。加えて、ゆるキャラの深谷ねぎ之進(知らなかった!)も気になります。

日本酒・カフェ・甘いものが好き。よくいるタイプの埼玉在住40代女性です。フードフェス、アート系フェス、癒し系フェスを中心にレポートします。


この記事のフェス情報

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ