クローク?放置?フェスでの荷物の管理方法

2017.08.16

ロッカー

 

タイムテーブルとにらめっこしたり、なにを着て行こうかとひとりファッションショーをしてみたり、楽しい悩みが尽きないフェス。
しかし、荷物の管理といえば深刻で切実な悩み…。

悲しいことに盗難の被害を耳にすることもありますが、かといって気にしすぎるとフェスを十分に楽しめない。

そこで、今回はフェスでの荷物の管理方法についてご紹介します!

 

クローク・ロッカーがある場合

 

ロッカーは1回500円程度。クロークは1日1,000円程度で自由に出し入れできるフェスもあります。
ただ、フェスによっては会場の端っこや会場外にクロークを設置していることも。
不便な場所にある時は、一度預けたら出し入れできないと考えた方がいいかもしれません。

なにはともあれ預けられるのなら安心ですが、問題は “なにを持ち歩くか”。

身軽に越したことはないですが、預けるもの・持ち歩くものをしっかりと吟味しなければいけません。

フェスの種類によって以下のようなものが必要になります。

 

必要最低限の持ち物

  • ・財布
  • ・スマホ
  • ・タオル
  • ・飲み物

本当に最低限。このくらいなら手ぶらでも良いでしょう。
財布・スマホは落とさないように注意してください。

 

野外フェス仕様

上記に加えて

  • ・帽子
  • ・サングラス
  • ・日焼け止め
  • ・塩分
  • ・虫除け
  • ・ゴミ袋(シート代わり)

この程度の荷物だと、ボディバッグ・ショルダーバッグといった小さめのバッグがあるといいでしょう。
ホールドチューブなんかおすすめですよ!

ホールドチューブについてはこちら

 

フジロック仕様

上記に加えて

  • ・防寒具
  • ・雨具
  • ・長靴
  • ・折りたたみ椅子
  • ・充電器
  • ・懐中電灯

フジロックではテントエリアやクロークが遠いため、一旦テントに戻ることができません。
急な雨などのアクシデントに対応できるよう、荷物を持っていきましょう。
テーブルやイスも少ないので、いつでもどこでも休憩できるように折りたたみイスも必需品です!

これだけたくさんの荷物を持ち歩くので、バックパックも必要です。
かといって重すぎても移動が億劫になってしまうので、一つ一つの荷物を軽量化したり、背負いやすいものを選びんだり工夫しましょう。

おすすめのバックパックはこちら

 

NEXT:クロークがない場合 / テントを設営している場合

鏑木将平
旅が好き。絶対行きたいフェスはグアテマラで開催される「Cosmic Convergence」。直前に骨折して行けなかったのでリベンジしたいです。ジャズ・EDM・懐メロをよく聴きます。

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ