フェスのジャンル別ファッションの注意事項

2017.04.03

EDM系フェスファッションの注意事項

festival-1043512_1920

クラブ系ミュージックフェスとは、EDM、Reggae、Hiphopなどのダンスミュージックのフェスです。
これらのフェスでは、みんな気合いを入れてオシャレを楽しんでいます。
そして、ステージ付近の人口密度はそれほど高くないことが特徴です。
オーディエンスは基本的に漂うような雰囲気でダンスを楽しんでいて、空間的な余裕もあります。

クラブ系フェスの靴選び

会場の路面状況によって注意が必要な場合があります。
都市型フェスでは、会場の路面は舗装されているのでオシャレ優先の靴選びで問題ありません。

郊外型フェス・自然型フェスの場合は、会場の路面が舗装されていなかったり、芝生や砂地の場合もあります。
ゆえにハイヒールが不向きな場合があるので注意が必要です。「何が何でもヒールを履きたい!」という女子の場合には、せめて安定感のある太めのヒールを選びましょう。
足を踏んだり、踏まれてしまうこともありますが、ダンスに誘う口実にもなるかも?

ビーチパーティの場合には、金属製の金具が付いている靴は避けたほうが無難です。
筆者の体験ですが、潮風で金具が錆びてしまったことがあります。
次回から履けなくなったという悲しい経験しています。

クラブ系フェスのファッション

EDM、Reggae、Hiphop、それぞれの音楽のジャンルにあったファッションを楽しみましょう。
ステージ前列付近でも、そこまで大混雑して体が触れ合うような状況にはならないことが多いです。
露出の多い服装も全然あり。ただ、痴漢の被害も報告されているので自己防衛の意識を持ちましょう。

クラブ系フェスのヘアスタイル

クラブ系音楽のフェスではステージ付近の人口密度はそれほど高くないため、NGのヘアアレンジという常識は特にありません。
オシャレ重視の目立つヘアアレンジで、とことんダンスを楽しみましょう。

beautiful-1846171_640
みーも
幼き頃よりクラブカルチャーに憧れ、思春期に坂本龍一やテイ・トウワなどの電子音楽に恋をする。その後、House・Technoに目覚め、19歳にして女子2人組のVJユニットを結成。自作の動画素材をネタに関東を中心にあらゆるジャンルのクラブイベントや野外レイヴでプレイ。 就職後、北アフリカに2年間滞在。ヨーロッパ各地のクラブ、野外フェスに女1人で突撃し音楽を求め旅を続けた。 国際結婚を機に現在は韓国在住。

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ