映画「ブラックパンサー」テーマ曲|フジロック2018 注目のアーティスト”Kendrick Lamar (ケンドリック・ラマー)”

2018.03.24

全米1位に輝いたアルバム「DAMN.(ダム)」

そんなKendrick2017年4月にリリースしたアルバム「DAMN.」に注目しましょう。

ダム

アルバム「DAMN.」ではRihannaとの共演作「LOYALTY. ft. Rihanna」も収録されています。

英語のラップは、一度聴いただけでは意味が理解できなくて「もどかしいな…」と感じることがありますよね?そもそも英語を聞きとれなかったり、言葉が抽象的だったりして意味を理解できないんですよね。

「今夜はパーティだ!」的な分かりやすくハッピーなリリックなら気軽に盛り上がれます◎しかしGangsta rap(ギャングスタ・ラップ)の場合には「誰かをディスる」ダークな内容だったり、「兄弟が撃たれた」とか衝撃的な内容を語っている場合もありますよね。「ドラッグネタ」の反応に困るのも、あるあるネタなのではないでしょうか(笑)

本名はKendrick Lamar Duckworth(ケンドリック・ラマー・ダックワーズ)というのですが、アルバムの最後の曲「DUCKWORTH.」では、ギャングのメンバーである彼の父親のエピソードで語っています。実話だというそのストーリーもまた秀逸ですので、ぜひ和訳をチェックしていただきたいですね!

それぞれの曲に込めた想い

インタビューで語るKendrickによると、このアルバム「DAMN.」は「己の内面と向き合い、それを形にした作品」なのだそう。彼の一言一言から、いかに思いを込めて綴られた言葉であるかということが伝わって来るのです。そして「それぞれの曲は自分のために作ったのではなくて、聴衆やコミュニティ、彼らの人生のために作っている」と語っていました。

「俺が俺の地元の人達の人生を代弁するんだ」と語る言葉もとても印象的で、常にトップで居続けようとする姿勢にも感銘を受けます。

そんな彼の想いを、ぜひ受け止めたいと思いませんか?ライブで見ることができるのなら、なおさらですよね!?合唱まではできなくとも、和訳付きの動画で意味を理解してみてはいかがでしょうか?一度、歌詞を読むだけでも曲の聞こえ方が変わってくると思いますよ。

フェスの情報はこちらをチェック!

みーも

幼き頃よりクラブカルチャーに憧れ、思春期に坂本龍一やテイ・トウワなどの電子音楽に恋をする。その後、House・Technoに目覚め、19歳にして女子2人組のVJユニットを結成。自作の動画素材をネタに関東を中心にあらゆるジャンルのクラブイベントや野外レイヴでプレイ。
就職後、北アフリカに2年間滞在。ヨーロッパ各地のクラブ、野外フェスに女1人で突撃し音楽を求め旅を続けた。
国際結婚を機に現在は韓国在住。


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ