服装・持ち物からアーティストまで|初めてのロッキンガイド

ROCK IN JAPAN FESTIVALは日本で一番有名と言っても過言ではない野外音楽フェスですが、今回は初めてROCK IN JAPAN FESTIVALに行く時の服装や持ち物などをまとめてみました。

フェスに行きたいけど服装や持ち物がわからないと言う方は是非参考にしてみてください。

【まず初めに】

フェスが行われる会場は主に海や、山など大自然の中で行われることが多いですが、普段着で行くことはあまりおすすめしません。なぜなら、フェスは夏まっただ中に行われることが多く、気温も35度以上と灼熱です。

初めてフェスに行くならしっかりと日焼けや暑さ対策をしましょう。

【ROCK IN JAPANでの服装】

ROCK IN JAPAN FESTIVALに行く時の服装で重要なのは帽子・Tシャツ・短パン・ショートパンツ・靴は動きやすいスニーカーを履くようにしてください。

フェスの会場はとてつもなく広いのでかなり歩きます。服装は動きやすい格好が一番おすすめです。

【ROCK IN JAPANでの持ち物】

via:https://twitter.com/rockinon_fes/status/894012664657068032

持ち物に関しては、タオル・虫よけ・日焼け止めは必需品です。他にも山の天気は変わりやすいので突然雨が降ってくることも考えられますのでレインコートなども持っておくと便利でしょう。

他にも飲み物を保存しておくためのクーラーボックスなども必要になってきます、会場でも飲み物は売っていますが、場所が遠いなど不便な面もあるので予め持参したほうが便利です。

真夏のイベントなので熱中症対策の為にもかならず飲み物は多めに持って行くようにしましょう。

【ROCK IN JAPANのアーティスト】

ROCK IN JAPANのアーティストは毎年様々な人が出演しますが、GRASS STAGE・LAKE STAGE・SOUND OF FOREST・PARK STAGE・BUZZ STAGE・WING STAGE・HILLSIDE STAGE7ステージになっています。

出演アーティストではクリープハイプやフジファブリックなどが毎年出演していて常連アーティストとなっています。
他にもROCK IN JAPANは毎年、50組以上の人気アーティストが出演しますので、どのステージでも見応えたっぷりなフェスになっています。

via:http://rijfes.jp/2017/gallery

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年こそはROCK IN JAPANに参戦したいと思っている方は是非、服装や持ち物をしっかりと準備して思いっきり楽しんでくださいね。

日本の4大フェスと呼ばれているROCK IN JAPANはきっと一生の思い出になること間違いなしです。

via:http://rijfes.jp/2017/gallery
ゲストライター

FEStivalyへ記事を寄稿いただいたゲストライター用のアカウントです。


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ