経験談から学ぶ フェスでのトイレ対策

2016.12.16

みなさん、トイレは好きですか?(漠然とした問いかけ)

世界トイレ機関(WTO)の調査によると人生の中でトイレにいる時間を合計すると約3年だそうです。

3年あれば赤ちゃんは言葉を覚え、中学生は高校生になる。。そんな年月を私たちはトイレと共に過ごしているわけなんですね。

最近ではフェスのトイレ事情も徐々に発達しており、大型フェスではトイレの数も大幅に増やし、行列で並ぶことも少なくなってきました。

中には冷水ではありますがウォッシュレットやバリアフリーのトイレも装備されています。

しかしながら開催が初めてのフェスなどはトイレ対策が不透明であり、まだまだ丸腰で挑むには危険が伴います。

というわけで、今回は経験談から学ぶフェスのトイレ対策をまとめてみました。

行きたくなる前に、とりあえずトイレに行っておこう

普段、私たちは尿意や便意を感じてからトイレに行きます。

自宅はもちろん、駅やお店など、なんとなくでもトイレがどこにあるのかを把握しているからです。

しか~し!フェスではそうはいきません。

フェスは広大な土地の各地に仮設のトイレが置いてあるため、事前にチェックしておかなければならないのです。

私も以前、飲食系フェスに行った際に調子に乗って、たらふく食べ、ごくごく飲んだあげくお腹がたっぷんたっぷんになったところで尿意に気づきトイレに向かったのですが向かった先は長蛇の列。

しかたなく最後尾に並んだのですが列の進みは遅く、そのうちに尿意は秒単位で強くなりやがて視界は歪み、赤鬼の様な顔でその場で屈伸したり足踏みしたり。。

なんとかその時は粗相はせずに済んだのですが、あと数分で起こりうる悲劇を考えると、「この様なスリリングな体験はもう繰り返したくない」と身を持って誓ったのです。

そこでたどりついた、当たり前だけど忘れがちな教訓。

・事前にそのフェスにあるトイレの位置を調べておく。
・トイレを見つけたら行きたくなくても行っておく。

toilet-frog

トイレ対策も兼ねたフェスファッション

野外フェスは楽しいけれど、いざというときに必要な物を準備しているうちに、ついつい荷物が多くなってしまいがちです。

泊まりの場合やフェスに一人で行かれる方など様々いらっしゃると思いますが、一人だと連れの人に荷物を預けてトイレに行くことも出来ないので、リュックはトイレの外に置くことは仕方ないにしても、せめて貴重品だけは手放したくないですよね。

チャック無しのポケットに財布等の貴重品をいれておくとトイレでしゃがむ際に落下してしまうおそれがあり、地獄の後始末が待っていますのでトイレに入る前にはポケットの中の確認を忘れずに!

貴重品は小型のショルダーバッグの中にまとめておきましょう。

ちなみにショルダー部分は短めにしておくと重みは軽減され、より身軽になれますよ!

そして、野外フェスでつきものなのは天候の変化。

雨が降ったときなどはレインウェアが欠かせません。

女性の場合はトイレが和式トイレだった場合、上下がセパレートになっているレインウエアは脱ぐのがメンドクサイ!!

そこで役立つのがポンチョやワンピース型のレインウェアです。

トイレでしゃがむ際は圧倒的に便利ですよ!

以上の事からトイレ対策をふまえたフェスファッションの心得。

・貴重品はポケットの中には入れない。
・貴重品はショルダー部分が短めのバッグに入れる。
・女性の場合、レインウェアはポンチョかワンピースタイプを選ぶ。

【 HoneyGirls 】 レインコート 高機能 雨の日もお洒落したい! 女子の気持ちを叶えるアイテム♪ (カーキ)
【 HoneyGirls 】 レインコート 高機能 雨の日もお洒落したい! 女子の気持ちを叶えるアイテム♪ (カーキ)

経験者は語る。トイレ対策で持っていると便利なもの

フェスティバリ―編集部内で、もっともトイレ対策の便利品として多かったのが「除菌用ウェットティッシュ」。

手軽に除菌したり、汗を拭いたり、トイレの便座も拭けて、とても汎用性の高いアイテムです。

最近では流せるタイプもあるので、ゴミにもなりにくくマストな必需品ですね!

そしてフェス慣れした編集部Tさんの必需品は「そこそこ使っている芯を抜いたトイレットペーパー」だそう。

トイレットペーパーを未使用で一巻き持っていくとかさばりますが、ある程度使用して薄くなっているものが持ち運びやすく便利です。

そして芯を抜くことでさらに軽量化されます。

一般にも芯抜きトイレットペーパーは売られているのですが、わざわざそのために買うのも勿体ないですし、どうせなら家と同じ使用感を外でも感じられた方がなんとなく安心しますよね。

最近では設置されたトイレの数は増えてきたものの、まだまだ備品の紙切れなどはよくある話です。

これもマストな必需品と言えますね!

そして意外とネックになるのが腰につけるペットボトルホルダーです。

水分補給のためのペットボトルを腰元につけておくと便利で良いのですが、ホルダー部分の金具が可動してしまうと、歩いたりジャンプしたりはたまたトイレでしゃがむ際に身体の動きに反応してブラブラしてしまい、便利なようで逆にストレスになる場合があります。

そんな悩みを解決するのでが「ボトルクリップ」。

クリップなのでベルト部分やポケット等につけておくとしっかりと安定感があり、揺れも気にならないのでおススメですよ!

以上の事からトイレ対策を踏まえたフェスでの必需品は

・除菌用の流せるウェットティッシュ
・ある程度使用したトイレットペーパーを芯を抜いて用意。
・足元のぷらつきを抑えるにはペットボトルクリップで固定すると気にならない。

チャムス chums チャムス ボトルクリップ CHUMS Bottle Clip chums-ch62-0109
チャムス chums チャムス ボトルクリップ CHUMS Bottle Clip chums-ch62-0109

「トイレ対策がばっちりなら今回のフェスは勝ったも同然!」

以上のことはフェス以外にも初詣や花火、お祭りなどでも活用出来ますので是非覚えていただきたいライフハックでした!

関 悠美
フェスは生もの。臨場感とリアリティーのある文章を心がけております。

この記事のフェス情報

fuji-rock2017

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ