知らなきゃ時代遅れ!? 2017年フェスで大活躍したアーティスト5選(ロック編)

2018.01.09

via:https://wanima.net/

みなさん初めまして。 FEStivaly編集部のかっつんです。

さて、2018年も始まったばかりの今日この頃。

一般的には音楽フェスのシーズンオフとされるのかもしれませんが、2018年の幕開けだからこそ2017年に大活躍したアーティストを一気におさらいしておこうではないですか!

というわけで、私の独断と偏見を駆使して2017年フェスで大暴れしたアーティストならびに再注目しておくべきアーティストをおさらいし、2018年フェスへの参考にしていただければなと思います!!

①岡崎体育

via:https://okazakitaiiku.com/discography

一人目は岡崎体育さん!

岡崎体育さんと言えば、親しみの持てる雰囲気と他のアーティストにはない”独創性”を持ったアーティストさんですね!

2016年に発売されたアルバム中の、”MV撮影あるある”を歌った『MUSIC VIDEO』がバズりまくった事は記憶に新しいですね!

そんな彼は昨年も、ROCK IN JAPAN FESTIVAL2017やRISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZOなど数々の大舞台に出演しました。

中毒性のある曲調と歌詞、何より聞いていて楽しい。そんな魅力を持った彼、2018年も大活躍間違いなしです!

②Mrs. GREEN APPLE


via:https://mrsgreenapple.com/

ボーカルの大森さんはなんと96年生まれの21歳、全員が90年代生まれの超若手実力派バンドです。歌唱力、音作り、雰囲気など彼らに注目して欲しいのはその表現力です!とにかくメロディが素晴らしすぎる!!

そして大森さんのハスキーな歌声から発せられる魅力あふれる歌詞…かっこよすぎか!!

疾走感・センス・そして若さを兼ね備える彼らがこれからの音楽フェスを担って行く事は間違い無いと思われます。

 

Next:次はあの若手超人気バンドが登場!!

かっつん
京都出身の大学三年生です! ロックからアイドルまで幅広く音楽を嗜んでます。 若い世代はもちろん、幅広い年齢の方に様々な”楽しい”フェス情報をお届けできるように頑張りますね!

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ