京都府|ほていまつり-手作り市-

hoteimatsuri-tedukuriichi

黄檗山萬福寺境内

開催日/期間:毎月8日

萬福寺では毎月8日(※1)、布袋尊(弥勒菩薩)の縁日に「ほていまつり」が開催されています。
手作り市を中心に、法要、お茶席、音楽演奏など内容も毎回充実しています。
入山は無料(※2)。また、手作り市では業者、一般を問わず出店者の募集をしています。
みなさんと一緒に地域を盛り上げる、そんな手作り市です。

※1)2月と8月はお休みします。
※2)各社旅行代理店扱いでの御参拝は拝観無料対象外です。
通常通り入山料を頂戴しますのでご了承ください。

手作り市への出店について

「ほていまつり」では出展者を募集しています。手作りのものならばプロ、素人を問わず出展していただけます。 趣味で作っているものをみんなに見てもらいたい。たくさんの人とふれあいたい。などなど・・・。
詳細は下記にてご案内しております。お気軽にお問い合わせください。
詳細はこちら>>
TEL:0774-32-3900
ほていまつり係

布袋さんのおはなし
布袋は七福神の中で唯一、実在の人物といわれています。後梁時代、中国浙江省の契此(かいし)というお坊さんがそのモデルになったといわれています。この方はいつも大きな袋をかついで国中を旅していたことからいつしか「布袋」と呼ばれるようになりました。 布袋さまは各地を行脚し、訪れた先々でたくさんの貧しい人々に出会いました。そして人々に救いの手を差し伸べ、袋の中から必要な物を与えました。救われた人から御礼にと戴いた物などはまた袋の中に入れ、再び行脚の旅に出るのです。これを繰り返しているうちに袋はどんどん大きくなっていきました。布袋さんの袋の中には人々の感謝と慈悲の心が詰まっているのです。 その徳の高さから布袋さまは、いつしか中国の弥勒菩薩信仰と交わって「弥勒菩薩の化身」といわれるようになりました。現在でも中国や台湾では「弥勒(ミロフ)」と呼ばれており、萬福寺の布袋尊が「弥勒菩薩」とされる由縁です。これらの地域では現在でも弥勒信仰が深く、しばしば寺院の入口に祀られ、参拝すると布袋和尚から徳を授かるといわれています。 弥勒菩薩はお釈迦様がお亡くなりになられてから五十六億七千万年後に地上のあらゆる衆生(生きとし生けるもの)を救済するために降臨されると伝えられています。 釈迦入滅が紀元前500年頃といわれていますから、西暦5,669,999,500年頃に当たるでしょうか・・・。なんとも途方もなく先の未来ですが、萬福寺の弥勒菩薩像のお顔を見ていると「それまでは幸せが続きますよ」というより「そんな先のことを気にせずみんな楽しくこの世を楽しみましょう」という気にさえさせてくれます。 この降臨される日が当山では「弥勒降誕」として5月8日と伝えられていますので、毎月8日を布袋さまの縁日としております。

詳細情報

開催日・期間

毎月8日
※2月と8月はお休みします。

開催場所・会場 黄檗山萬福寺境内
住所 京都府宇治市 五ケ庄三番割34
料金

拝観料: 一般無料
※ 各社旅行代理店扱いでの御参拝は拝観無料対象外です。通常通り入山料を頂戴しますのでご了承ください。


同じジャンルのフェス

同じ地域のフェス

公式サイト

萬福寺

このフェスのお問い合わせ先

萬福寺
〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄三番割34
0774-32-3900

他のフェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ