フェス常連バンドによる、切ない・寂しい時に聴きたくなる冬の名曲

2018.12.15

ロッキン、サマソニ、フジロックなどのフェスに引っ張りだこのアーティスト。その中でも、ロックバンドのアーティストが多くの割合を占めています。

今回は、日本のロックバンドが奏でる、冬になったら聞きたい曲を紹介します!

「クリスマスソング」back number


冬と言ったらクリスマス!クリスマスと言ったらback number!

切ない歌詞に共感する人もいるのではないでしょうか。他にもback numberには「ヒロイン」なども冬の名曲として知られています!

「Memories」MAN WITH A MISSION


顔はオオカミ、体は人間でお馴染みのロックバンド・MAN WITH A MISSION。

小さい頃の情景が蘇ってくるような不思議な曲。今までのマンウィズとは一味違うポップさに、どこか懐かしさを感じられます。

ちなみにこの曲は、2016年JR SKISKIのCMに起用されたことでも有名です。

「スノーマジックファンタジー」SEKAI NO OWARI


ピエロマスクのDJがインパクトのあるSEKAI NO OWARI。

川口春奈さんの「ぜんぶ雪のせいだ。」で覚えている人もいるのではないでしょうか。(2015年 JR SKISKI CM起用。)

セカオワワールド全開で爽やかな雪ソングです!雪の魔法にかけられたいですね〜。

「SNOW SOUND」[Alexandros]


「ワタリドリ」をはじめ、ロックな楽曲が印象的な[Alexandros]。

雪がシンシンと降っているかのようなイントロ。
「白い街の片隅で僕ら出会う」
こんな洒落たフレーズも自然に溶け込むのは、Vo.川上洋平ならではのものです。

「粉雪」レミオロメン


言わずと知れた定番冬ソング。雪と言ったらこの曲が真っ先に思い浮かびますよね。

熱くもあり、どこか悲しさも感じられます。

「オリオンをなぞる」UNISON SGUAIR GARDEN


圧倒的な演奏技術と爽やかに透き通る歌声、深いようで深くない(もはや理解不能?)歌詞がクセになるスリーピースバンド・UNISON SQUAIR GARDEN。

冬のキングオブ正座・オリオン座。空を見上げてなぞってみたくなっちゃいます!

「ごきげんよう?どうかしたんだろう?顔を見れば一瞬でわかるよ」
Ba.田淵が手がけるわかりそうでわからない歌詞にも注目!

「サンタクロース」ELLE GARDEN


今年待望の10年振り復活を果たした、大人気ロックバンド・ELLE GARDEN。

大好きな人に思いを込めたラブソングです!Vo.細美さんの優しさが伝わってきます。ぜひクリスマスの日に大切な人と聴いてください。

「卒業」My Hair is bad


新潟県上越出身のスリーピースバンド・My Hair is bad。

Vo.椎木さんの生々しくリアルな恋愛が心に響く曲です。
冬、別れの季節、1番では別れたいと思っている男、2番では別れたくないと思っている女が鮮明に描写されます。

二人からの「卒業」という表現が聞けば聞くほど馴染んでいきます。

切ないときは、冬の曲を聴くか、フェスに行こう!!

冬は切ない曲が多い気がします。切ない曲も寒い冬に聞くからいいのだと思います。

雪の降る日、別れの時、心を落ち着かせて音楽に浸ってみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連コラムはこちら

映画「BLEACH」主題歌で話題!! 4人組ロックバンド[Alexandros]の魅力に迫る!!

口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
閉じる

口コミを投稿する

平均評価:  
 0 件の口コミ

邦ロックが好きな大学2年生です。趣味でギターを弾いたりもします。普段行くのはロックフェスが中心ですが、フェスティバリーではジャンルを問わず様々なフェスの情報を発信していきます!


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ