【初心者必見】野外フェス上級者が選ぶ雨対策グッズ

2017.06.08

楽しみにしてたフェス!
が当日は雨…なんてことにはもう慣れっ子の私です。

フェスといえば雨!雨といえばフェス!そんな考えで皆さんも生きていくと良いのでは?

ということで、今回は野外フェスで活躍する雨対策グッズの紹介です!

ジップロック

スマホに専用の防水ケースをつけている人もいますが、それよりもジップロックが便利です。

バッテリーと繋いだまま収納したり、財布代わりにしたりと、小物を入れたりと幅広い用途に対応できるのが強みです。

何と言っても安いので、1枚2枚と言わず箱ごとバックに入れておきたい代物ですね。

折りたたみ長靴

大雨が降る野外フェスを「田植えフェス」と言うことがあります。
地面がぐちゃぐちゃになって泥まみれになる様が、まるで田植えのようだからこう呼ぶそうです。

折りたたみ長靴は、普通の長靴より軽く、丸めて収納できるので場所もとりません。
おすすめは履き口が紐で締まるタイプです!

野外フェスにぴったりなのでぜひ一足お持ちください。

サンダル

個人的にはサンダルの方が好きです。
濡れるのも気にしなくていいですし、水で流せば綺麗になるし、長靴より履いていて楽ですからね。

お気に入りはKEENの「クリアウォーターCNX」

ニューポートH2など似たものがありますが、重さやフィット感やクリアウォーターが勝ります。

スニーカーのような履きごこちで、激しく動くフェスで役立ちます!

ビニール袋

スマホや電子機器をジップロックで守ったからと油断していると痛い目を見ます。

服が濡れると大変どころではありません。

「水に濡れた超重い服を背負って帰りたい!」というMな人以外は、服は全てビニール袋に入れることを経験上おすすめします。

完全防水バッグ

撥水のウエストポーチやボディバッグを持っている人もいますが、撥水と防水って全然違うんです!

撥水は水を弾くだけで、小雨程度なら大丈夫ですが、少し強くなると浸水してしまいます。

ジップロックにいれた貴重品を完全防水のバッグに入れておけば、2重の防水でまず濡れる心配もありません。

レインウェア・ポンチョ

野外フェスでは傘の持ち込みを禁止していることがほとんどです。
人が多いところで傘をさすなんて危険ですからね。

ということで、フェスではみなさんレインウェアやポンチョを使います。

それぞれメリット・デメリットがありますので、どっちがいいの!?と迷っている以下の記事を参考にしてください!

レイングッズの関連記事

タープ・グランドシート

キャンプ初心者はテントがあれば大丈夫と思う方も多いですが、違います。

特にグランドシートは地面からの浸水を防いだりテントを保護するために必須です。

タープは、テントの上に張るとより防水性が増しますし、入り口に張れば玄関のように使うこともできます。

安いテントしか持っていない・買えない人は、グランドシートやタープも一緒に持っていくといいでしょう。

安いテント+タープ+グランドシートでもMSRやモンベルのテントより安いですからね!タープはブルーシートで代用することもできますよ!

まとめ

もはや野外フェスに雨はつきものですから、雨の心配をするより雨さえも楽しめるぐらいの装備を整えてフェスに挑んでみてはいかがでしょう!

FEStivalyで野外フェスを探す

鏑木将平

旅が好き。絶対行きたいフェスはグアテマラで開催される「Cosmic Convergence」。直前に骨折して行けなかったのでリベンジしたいです。ジャズ・EDM・懐メロをよく聴きます。


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ