フェスにおける熱中症対策~ファッション編~

2017.07.11

フェスにおける熱中症対策〜ファッション編〜00

近年、フェスファッションも多様化し、会場に足を踏み入れれば、オシャレなアイテムに身を包んだ人を大勢見かけるようになりました。

でもそのオシャレは、熱中症に太刀打ちできるものになっているでしょうか?昨今の厳しい暑さの中開催されるフェスにおいては、オシャレであることばかりに気をとられていると、熱中症にかかる可能性を高めてしまうフェスファッションになっているなんてことも…。

今回は、フェスファッションでもできる熱中症対策をご提案します。

 

お気に入りのTシャツは通気性重視で選ぼう


フェスグッズといえばTシャツです!様々なプリントが施された、オリジナルデザインのTシャツは、思い出としても1枚は手に取りたくなるものです。そして、そのTシャツ選びも、衣服内に風を通しつつ、熱を外に逃がすことのできる「通気性」を意識すれば、熱中症対策につながるのです。

朝や日暮れには綿素材

綿は吸水性・吸湿性に優れていながら、通気性もある素材です。各フェスにおいても数多く取り扱われているので選びやすいと思います。ただし、吸水性・吸湿性に優れている分乾きが遅いので、汗をたっぷりかく昼間より気温の落ち着く朝夕の着替え用として準備しておくといいでしょう。

しっかり汗をかく時間帯は快適性も重視

汗で衣服が肌に張り付いてしまうと、衣服内の通気ができず、熱の逃げ場がなくなってしまいます。だから、たくさん汗をかく昼間の時間帯は、速乾性に優れた素材のTシャツの着用をオススメします。

取り扱いは決して多くありませんが、ドライ・メッシュ素材のTシャツは、通気性もよく乾きやすいので1枚あると便利です。また、近年あらゆるフェスで見かけるサッカーシャツなどに使用されるポリエステル性のTシャツも速乾性に優れています。最近ではグッズの事前予約をしているフェスもあるので、事前に素材をチェックして買ってみてはいかがでしょうか?

またどんな素材のTシャツでも、肌と密着せずゆったり着られるサイズを選ぶことで、暑い環境下でも快適に過ごせます。

参考サイト:センターニュースきらめっく2014年5月掲載『吸汗速乾肌着の性能』|北海道立消費生活センター

 

身につける色にも気をつけて

さらに身につけるものの色にも気をつけましょう。黒や紺色などの色は、熱を吸収しやすく、衣服内に熱をこもらせる原因にもなるので、炎天下のフェスでは避けたほうがいいでしょう。

黒のアイテムを着たい人は、日暮れ以降の着替えとして活用することをオススメします。

参考サイト:熱中症保険マニュアル2014|環境省

 

タオルは「濡らす」一手間を

フェスにおける熱中症対策〜ファッション編〜02
タオルは、汗の不快感を拭うのに、また首元の日よけにも使える便利アイテムです。ライブを観ている間や移動中は汗の発散を促しつつ水分補給で熱中症を防ぎましょう。

また休憩中は、タオルに「濡らす」一手間を加えましょう。休憩中はほてった体を落ち着かせる絶好の機会です。水で濡らしたタオルで汗を拭き取り、しばらく風にあたるだけでクールダウンできます。また、前回の記事で紹介したような冷却スプレーをタオルに吹きかけて、首元・脇の下・足の付け根などを冷やすと、暑さが一時的にでもしのげるのでオススメです。

出典:夏のトレーニング時必見『休息について』|公益社団法人日本体育協会

 

直射日光を浴びない工夫も忘れずに


夏フェスにおいて、さんさんと降り注ぐ太陽の光が心地よい…なんてのんきなことは言ってられません。直射日光を浴びないことも立派な熱中症対策です。直射日光を浴びればその分体温の上昇を促すことにもつながりかねないからです。

まず帽子は必ず必要だと思ってください。キャップ・ハット・麦わら帽子など、とにかく頭を守りましょう。そして、休憩中や日陰に入るタイミングには、帽子を脱ぎ中にこもった蒸気や熱を放出しましょう。

また、日光を浴びる面積の大きな足も、できればスポーツタイツなどを履き、直射日光を避けるようにしましょう。

 

タイミングを見計らいながらお気に入りのファッションアイテムを身につけよう

フェスも夏の一大イベントです。オシャレも楽しみたい気持ちはあって当然です。とはいえ熱中症の危険とは隣り合わせであることは忘れてはいけません。だからこそ、お気に入りのアイテムを着るタイミングを見計らったり、使う時に一工夫をしたりして、熱を放出し体温を下げるようにすることは、とても大切な心がけだと思います。

今年の夏フェス参戦の参考になれば幸いです。

クリス
フェスで一番悲しかったことは、カウントダウンジャパン最終日にインフルエンザにかかり、1泊19000円払ってアパホテルステージで一人悶絶しながら年越しをしたことです。それ以外はいい思い出ばかりです。普段は生きる屍のような人間ですが、フェスでのきらめきっぷりは誰にも負けないです。

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ