【フェス・ライブの写真を撮るなら】手に入れるべきおすすめカメラ3選

2018.02.13

一眼レフ、ミラーレス、アクションカメラなど、時代は空前のカメラブーム。

「インスタ映え」というワードからも、写真に対するこだわりが高まってきていることがうかがえますし、一眼レフカメラを持つことが、一つのステータスと捉えられているような気さえしてしまいます。

そんな中、フェスに参加されている方の中には「大切な思い出をカメラで記録したい」という想いを持つ人も多いのではないでしょうか?

カメラはスマホにもあるけど「せっかくならこだわりたい」「インスタ映えする写真を撮りたい」・・・

そんな方々のために、今回はフェスに持参したいオススメカメラを3つご紹介します!

ニコン KeyMission 80


こちらのカメラの特徴は、何と言っても「アクション性能」です。

付属のカメラホルダーからカメラを取り外すと電源が自動でONになり、シャッターボタンやタッチパネル操作で素早く撮影できます。

また、片手で操作可能なので、かなり機動力に優れています。

人混みの中でも一瞬のシーンを逃すまい、という場面で大活躍ですね!

insta360 one


こちらのカメラは360°の撮影が可能なことはもちろんですが、最大の特徴は「バレットタイム撮影」という特殊な撮影が可能であること。

バレッドタイム撮影とは、複数台のカメラを使いスーパースローモーションなのにカメラワークは高速で移動するというものです。

「なにそれ…」との声が聞こえてきそうですね。簡単に言うと、撮影者を異なる角度から撮影したような写真が撮れるということ。

フェス全体の雰囲気を記録したいときや、自分が中心となった写真や映像を撮りたいときにオススメです!

ハコスコHP メディア向け資料より

Nikon1 J5


最後にオーソドックスな形のものをひとつ。

こちらのカメラはミラーレス一眼カメラにもかかわらず、約200gと軽く携帯性抜群です。また、背面液晶は180°回転するので、画面を確認しながら自撮りを行うことができます。

さらに、このカメラ最大の特徴は「メイクアップ効果」と呼ばれる機能。撮影をしたあとに気になるところをカメラ内のソフトで補正することができるのです!

主な効果は「美肌」「小顔」「ビックアイ」「肌トーンアップ」「クマ軽減」「ホワイトアイ」「歯のホワイトニング」「チーク」の8つ。

人物を中心に、綺麗に撮りたいという方にオススメです!


以上、フェスに持参したいカメラ3選でした!

3つ紹介しましたが、まだまだオススメしたいカメラはたくさんあります!あなたのこだわりにマッチしたカメラもきっとあるはず。気になる方は、ぜひリサーチしてみてください!

そして「フェスにはカメラ」といった新たな流行を、あなたが作ってみてはいかがですか?

あきや

新潟県新発田(しばた)市出身です!趣味はランニング、読書、ダイビングです。最近はカメラにはまりゴープロを購入しました。多くのフェス情報を届けます!


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ