EDMフェスで目立つ!ビジューメイクで失敗しない方法

2017.01.17

夏フェスで目立つなら「ビジューメイク」×「サイバーギーク」

夏の野外フェスなら、テンション高めのメイクで決めていきましょう☆
都市型か郊外型かで靴と服のコーディネートは変わりますね。
しかし、基本的なバランスとしては、服装はシンプル、メイクは派手め、ヘアスタイルはボリューミーにまとめるのが旬の夏フェス基本コーデです。

足元の靴からコーディネートを決めていくと、全体のバランスが取りやすくなります。
都市型か郊外型かで靴選びも変わってきますもんね。
服の色とメイクに使うラインストーンの色の組み合わせも大切なポイントです!
最後にヘアアレンジで全体の雰囲気を整えれば完璧です。

2016年春夏のランウェイから注目されてジワジワと注目を集めている「ギーク」というキーワードをご存知ですか?
ギークとはオタクを意味する言葉ですが、最近では個性派のファッションオタクのようなポジティブな意味を持って使われはじめています。

このギークメイクには2種類の方向性があります。
インパクトのあるアイメイクが特徴的な「サイバーギーク」と、まるでスッピンのような「図書館ガール風ギーク」。
フェスメイクに旬な要素を落とし込むなら、断然サイバーギークですよね!

サイバーギーク風に仕上げるには、ポイントメイク以外は盛らない「引き算メイク」が鉄則。
引き算メイクはシンプルな夏フェスの服装にも合わせやすいので、全体のバランスも整います。

「ビジューメイク」×「サイバーギーク」のベースは、自然な質感。
野外フェスでは顔も体も日焼け対策バッチリで挑みたいところ。
だからといって、厚塗りのベースメイクはNGです。
化粧崩れの原因にもなるので控えましょう。

完璧なツヤ肌を目指して作り込むよりも、軽く自然な質感に仕上るのが正解◎
ベースメイク作りには、CCクリームやクッションファンデがオススメ。
SPF高めのものを選んで、日焼け対策と自然な質感を叶える生っぽいベースメイクに仕上げましょう。

Only a EDM Festival can make you feel this way! #firefly #festivalgear

Festival Gearさん(@thefestivalgear)が投稿した写真 –

みーも
幼き頃よりクラブカルチャーに憧れ、思春期に坂本龍一やテイ・トウワなどの電子音楽に恋をする。その後、House・Technoに目覚め、19歳にして女子2人組のVJユニットを結成。自作の動画素材をネタに関東を中心にあらゆるジャンルのクラブイベントや野外レイヴでプレイ。 就職後、北アフリカに2年間滞在。ヨーロッパ各地のクラブ、野外フェスに女1人で突撃し音楽を求め旅を続けた。 国際結婚を機に現在は韓国在住。

この記事のフェス情報

ULTRA JAPAN

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ