「ドイツフェスティバル2018」でビールを飲みながらドイツの風を感じてきた

2018.11.10

ソーセージ・ドイツ式カツレツがビールに最高にマッチした

*店名/商品名/価格 で記載

ミュンヘンクラシック/「バイエルンプレート」/2,000円

leckermaul/「シュニッツェル」/1,500円


ドイツといえば、「ソーセージ」を連想する方が多いのではないでしょうか?
どのお店も行列ができていて、大人気フェス飯となっていました。今回いただいたプレートにはなんと4種類のソーセージプレート!

それぞれ食感、風味、噛みごたえが違い新たなソーセージの魅力がありました。
付け合わせにはドイツでは定番のキャベツの酢漬け、「ザワークラウト」があり、さっぱりした味で、ソーセージとの相性抜群です。

また、ドイツ風カツレツ「シュニッツェル」は、衣にしっかり味がついているのでソースなしでも食べられます。もちろん、ソースと絡めてもよし、お好みでレモンをかけると酸味が効いて、違った味を楽しめました!

ドイツビールはまろやかさの中に確かなコクが!飲み比べ推奨

Hacker-Pschorr/「フェストビア/メルツェン」/1,200円

Tucher/「ケストリッツァー」/1,000円


メルツェンは全体的にクリーンな舌触りで、ホップの苦みが強くなく、女性でも飲み干しやすいビールでした。のどごしが良く、ソーセージとの相性は抜群。

対照的にケストリッツァーは文豪ゲーテが愛したといわれるビールで、辛口が特徴。香ばしい香りときれいな苦みがあるが、のどごしが良く、ビール通におすすめしたい一杯。

Next:ビールジョッキ持ち大会は大熱狂!白熱のステージイベントは会場を盛り上げる

かっつん

京都出身の若いものです。
ロックからアイドルまで幅広く音楽を嗜んでます。
ビールが好きなのでお酒のフェスに絡んでいければなと思います。


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ