【初心者向け】ラガー?エール?ピルスナー?ビールの種類って?

2017.06.16

クラフトビールブームが到来し、オクトーバーフェストが流行。
国内外の多種多様なビールが簡単に飲めるようになりましたが、ビールの種類ってどのぐらいあるかご存知でしょうか?
3つの発酵方法の下に、それらを醸造方法や度数、発生した地域、名前の由来、さらには世界中にあるビール協会などの規定で細かく分けられ、その数はなんと1,000種類以上!!

本日はそれらを一挙にご紹介!!!
・・・はできないので、ビール初心者向けに、ラガー・エールの2大発酵方法を簡単に掘り下げてみようと思います!

 

《ラガー》

ラガーは低温で長時間じっくり発酵させたビールで、発酵後は酵母が下に沈むことから下面発酵とも呼ばれます。
香りが少なくすっきりとした味わいとのどごし
夏にぴったりのビールです!

以下ではラガービールの種類についてご紹介します。

 

ピルスナー

世界中でもっとも飲まれているビール、それが「ピルスナー」です。
サッポロ黒ラベル・スーパードライ・キリン一番搾り・エビス・プレミアムモルツ。
みなさんが普段飲んでいる日本のビールは全てピルスナー。

バドワイザー・カールスバーグ・コロナ・ハイネケン、海外でもやはり人気のビールは全てピルスナーです。

人気の秘密はその安さでしょう。
他の発酵方法と比べると生産が簡単で大量生産にも適しているのです。
結果価格も安くなり、お茶の間の定番のビールとなったわけです。

安いからまずいというわけではなく、美味しいピルスナーもたくさんありますよ!

メキシコのビールというとコロナですが、現地では↓の「SOL」の方が人気です。
暑い昼間にライムを絞ってぐいっと飲む爽快感がたまりません!

 

鏑木将平
旅が好き。絶対行きたいフェスはグアテマラで開催される「Cosmic Convergence」。直前に骨折して行けなかったのでリベンジしたいです。ジャズ・EDM・懐メロをよく聴きます。

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ