「Beautiful Mother Park in シタマチ.マルシェ」開催間近!主催者にインタビューしてきました

BMPinシタマチ

9月15日(土)〜17日(月・祝)に開催される「Beautiful Mother Park in シタマチ.マルシェ」。

これまで横浜・代々木で開催されてきましたが、9月のシルバーウィークには、初めて!上野御徒町の「パンダ広場」で行なわれます。

「Beautiful Mother Park in シタマチ.マルシェ」の詳細情報

上野老舗百貨店といえば松坂屋。今回の協賛企業でもある(株)大丸松坂屋百貨店のスタッフで、Beautiful Mother Park in シタマチ.マルシェ(以下BMP)のご担当、中西正明さんにお話を聞いてきました!

地域の色を前面に出した、御徒町ならではのBMPに注目!

ーー今までBMPは、横浜や代々木でも開催されていますよね。

「パンダ広場」で行なわれるBMPは、今までの開催とは違う感じになるのでしょうか?

代々木や横浜ではできないメニューを入れて、オリジナリティを上げていきたいと考えています。

せっかくパンダ広場で開催するということで、地元の岩倉高校さんの鉄道模型部のブースを設けたりして、地元密着のイベントに仕立て上げました。その点で少し特徴をつけられたかなと思っています。

あとは、大丸・松坂屋の公式キャラクター「さくらパンダ」が登場したりと、上野御徒町ならではのBMPになるようにしています。

さらに、御徒町ならではの企画に「シタマチ.ファクトリー2018」があります。

これはハロウィンに向けた地元商店会連合が主催する「子ども達」対象のワークショップで、今回のBMPでも行なわれます。

ーー「シタマチ.ファクトリー2018」とは一体何でしょうか?

透明のペットボトルにみんなで色付けをして、それらで最後モニュメントを作り、ライトアップするんです。

これは元々地元の商店街の方が、ハロウィンに向けて考えてくれたアイディアで、最初は◯◯ラボという名前でした。

この企画が決まったとき、私どもの方からある提案をしまして。

1つのイベントの中で「シタマチ.ファクトリー2018」を完結させるのではなく、いくつかのイベントを通して継続的に行なうことで、地域を繋いでいくイメージが出るんじゃないかと。地元の方も共感してくれて、今回のBMPでも開催する運びとなりました。

ネーミングに「シタマチ.」を入れていただいたのも、地元の方もこの「シタマチ.ドット」のブランディングに共感いただいたからです。

遊びに来ても出店しても楽しい!BMP

ーーママさんたちにとって、パンダ広場のBMPがどんな存在になれば良いと思いますか?

ママさんたちにとって、このシタマチ.マルシェでのBMPが子供も大人も楽しめた!また来たいといったイベントになってくれると嬉しいです!

そのためにも、今回のBMPを成功させて、継続開催できる名物イベントにしていきたいなと考えています。

そうやって回数を重ねていくうちに、遊びに来てくれる方が増えれば、出店している側のママさんたちのやりがいも出てきて、より楽しいイベントになるでしょうね。

Next:イベントを通して主催者が思うこと

マツザワユウカ

大学3年生。ハイパーはまりやすく、ハイパー飽きっぽい性格です。「記事楽しみにしてるよ」と言われると徹夜で記事書きます。


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ