「美術と街巡り・浦和」でアートさんぽ

2017.03.17

3月15日(水)〜19日(日)までの5日間、浦和駅西口周辺で開催されている、旧中山道文化資源再生プロジェクト、「美術と街巡り・浦和」。

その中での美術展プログラムである「どこかでお会いしましたね2017-地域をこえて」の開催場所が弊社の近くで点在しているとのことで、早速行ってまいりました。

まずはうらわ美術館から。ここでは展示室Aで21組の作品が出品されていました。

DSC_1085

ひとつひとつに見ごたえがあり、油彩からアクリル、木工から鉄、インクジェットプリントなど様々な表現の作品が並んでいます。

IMG_6904
こちらは、砂岩と大理石で作られた安藤英次さんの「たまごのなかで、おこっていること」の一部。

DSC_1091
こちらは、高草木裕子さんの「Ambient201621、Ambient201705」トレーシングペーパーに油彩とガッシュで描かれています。
トレーシングペーパーは薄く、水分を多く含んでしまうとシワシワになってしまうので、これだけ大判のトレーシングペーパーによくぞガッシュや油彩を用いたなあ。。と驚きました!

DSC_1092
こちらは須惠朋子さんの「神の島より~ニライカナイⅠ~、神の島より~ニライカナイⅡ~」土佐麻紙をキャンバスに、岩絵具と樹脂の膠(にかわ)で制作されています。この海の透明感、すごい描写力ですね!

アートにうとくても、シンプルに上手!!

DSC_1093
近づいて見ると膠で石の立体感を出していたのですね~。すごい!!

IMG_6910
編集部立見さんのお気に入りはこちらの細野稔人さんの「預言者」
遠くから見ると大銀杏を結った激やせ力士っぽいですが。

IMG_6914
へいへい、預言者だよ~。後ろは恥ずかしいから撮らないでくれる~?(勝手に吹き替え)

そして、会場を移動。

次はグッディーズカフェへ。

DSC_1094
元気な小学生二人組に遭遇。大きな声で話しながら下校中でした。

いいなあ元気で明るくて。花粉症や片頭痛とかぎっくり腰なんて未経験なんだろうな。

店内はロフトのような見晴しのいい2階席もあり、オブジェが気持ちよさそうに泳いでおりました。
DSC_1099

こちらのカフェでは中井昭一さんの日本画の展示と林舞衣子さんの発砲スチロールで作られたオブジェの展示をしていました。

DSC_1098

期間中はアート作品を見るだけでも入店可能だそうです。

でも生パスタを使ったメニューが美味しそうでしたよ!

そして裏門通りへ移動、、。

IMG_6939
むむ、こちらは不動産屋さんのサカタ本店。こちらも会場です。

これ、近づいてよーく見てみると、
DSC_1100
白い丸シールが集まってできているんですね!

またまた移動。

こちらも裏門通りの夢工房MARUYAMAさん。
素敵な古民家で、前から通るたびに気になっていたのですが、初めて入店してみました。

IMG_6948
岩淵貴徳さんの彫刻作品。格調高し。

DSC_1102
2階には素敵な雰囲気のテラスも!

ここはネコたちの散歩コースだそうで、お昼寝に遭遇することもあるそうですよ。

IMG_6950
立見さんはこちらでバングラデシュの鳥のオブジェをご購入。(今回のイベントとは関係なし)

そして、最後はこちらの「三代目 満作」さん。老舗のお煎餅やさんです。

DSC_1106
こちらで手焼きせんべいが焼かれるんですかね。風情があります!

DSC_1105
本多真理子さんの羊毛の作品。小学生たちとのコラボで制作されたそうです。

まとめ

普段通っている道にアート作品が置かれると、いつもと違う非日常的な世界に感じ、それによって見えなかったものが見えてくるきっかけになりますね。

今回、このイベントをきっかけにお店や小道など、新しい発見がいくつもありました。

浦和が一層、活気のある街になりそうな予感がしました。

そんな私がアートさんぽ中に見えなかったものが見えてきた結果、買ったもの↓

DSC_1108
裏門通りにある警察グッズを売るお店で買った、埼玉県警察マスコット「ポッポくん」の巨大ステッカー。

大きさは約22センチ角。税込200円なり。
(手前に置いてある正露丸は大きさを比べるためです。)

さいたま土産にひとつ、いかがでしょうか?

これが「いやげもの」になるか、ならないかはあなた次第です!(ビシイッ)

関 悠美

フェスは生もの。臨場感とリアリティーのある文章を心がけております。


この記事のフェス情報

美術と街巡り・浦和

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ