【確実に荒吐~音楽の神様もいますここには~】荒吐 ARABAKI ROCK FEST.17 のススメ

2017.04.14

荒吐で忘れらない景色は?

大小6つのステージは、がっつりな自然の中にあります。
アーティストによっては混雑して、端の方に追いやられ、木々にしがみつくようになることも・・・。
演奏の合間、視線を木々や草木に移しますと、見たことがない昆虫?、例えようのない色の花々に出会えます。確実に。

ARABAKIの夜

ずばり、荒吐の魅力とは?

夢弦会(津軽三味線)や藤原美幸(秋田民謡)の東北生まれの音楽に触れる機会や
その日限りのセッションがほかのフェスに比べ特に多く、アーティストの飛び入りセッション話もよく聞きます。
つまり、音楽の楽しみ方の間口が広いところでしょうか!?
ちなみに、今年の見たいのはBAND TOMOVSKY(バンドトモフスキー) と MOROHA です。

太田のぞむ

かつてはフジロックにキャンプ泊で前夜祭から最終日まで、4日間フル参加したこともありました。今やすっかりエアフジロッカーな二児の父です。子連れならではのフェスの楽しみ方などを提案していければと思っています。


この記事のフェス情報

arabaki-rock-fest17

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ