フェス飯レポvol.9|日本酒の魅力が詰まった「AOYAMA SAKE FLEA vol.07」(フード編)

2017.11.27

フェスに欠かせないものといったら、フェス会場の屋台にズラリと並ぶ食べ物とお酒。フェスでの楽しかった思い出といえば、友達とお酒を飲み、ほろ酔い気分でおいしいご飯を食べながら音楽を楽しむこと。

実は、フェスでの飲食が、フェスを楽しませてくれるか否かを決めていると言っても過言ではありません。

最近は、肉フェスなど食べ物メインの食フェス(フードフェス)や、ビールフェスや日本酒フェスなど飲み物メインの酒フェスも増えていることで、グルメイベント並に美味しいフェスフードが増えています。

そんなフェスの最新 “食” 事情について、フェスティバリーがレポートをお届けします!

【11/11(土)・11月12日(日)開催】東京・表参道|AOYAMA SAKE FLEA vol.07


「AOYAMA SAKE FLEA vol.07」は11/11(土)・11月12日(日)の2日間、表参道の国連大学中庭にて開催。全国31蔵の100種類以上の日本酒を飲み比べできるほか、日本酒に合うバラエティ豊かなフードワゴンも出店していました。

それでは早速「AOYAMA SAKE FLEA vol.07」のフェス飯を紹介していきましょう!

牛煮込|830円

噂のFes Food Stand vol.4|「煮込屋赤ねこ」
日本が誇る代表的な酒のつまみの一つ、煮込み。お店の看板メニューの牛煮込みを大盛りで、さらに半熟卵をトッピング。

ほろっほろの牛肉と、とろーり溶け出した半熟卵の組み合わせは、筆者がこれまでに食べた煮込みの中で一番美味しかったと言っても過言ではない程の絶品!煮込みが好きな方、ぜひ一度ご賞味ください。

店舗情報


■店舗名
煮込屋赤ねこ
■公式サイト
煮込屋赤ねこ

いも煮|700円


山形名物、大鍋に入った芋煮。ゴロゴロと入った山芋が口に入れた瞬間なくなるほど柔らかい!

店舗情報


■店舗名
白雲

Next:次は本場NYのサンドイッチとチキンコンフィのプレート!

美佳
新潟県出身の大学3年生です。趣味は買い物、食べること、旅行です。アクティブに過ごすことと楽しいことが好きなのでたくさんのイベントに足を運びたいです。

この記事のフェス情報

青山酒フリー

同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ