【フェスの出会いはアプリから!?】意外に知らない無料SNSアプリのおすすめ

2017.08.25

2017年はまだ数か月ありますが、今年を代表する流行語の候補のひとつとして「SNS映え」は固いんじゃないでしょうか?

時間や場所を気にせずスマホを立ち上げれば、たちまち仲間とのコミュニケーションが取れる革命的なツールとして今やほとんどのスマホユーザーが加入しているSNSアプリ。

今回は有名ながら知らなかった機能をもつSNSアプリや新しいものまでご紹介します。

 

 

AMIPLE(アミプル)

共通の趣味をもつ、シュミトモを探すSNSアプリです。

出会い系というよりは、好きな音楽やスポーツ観戦などみんなで盛り上がろう!という仲間を探すアプリです。

アカウントを取得してログインすると、音楽、スポーツ、祭り花火、グルメ、テーマパークなど計11個のジャンルを細かく設定すると、共通点のある人が表示され、そこから仲間が生まれます。

行きたいイベントも具体的に検索できて、同行者募集というページに投稿すればそのイベントに興味がある人とつながることができます。

新しい趣味の仲間が欲しい人やぼっち参加が苦手な人にも最適ですね!

AMIPLEアプリ 
android版
apple版

mastodon(マストドン)

名前だけなら聞いたことがある方も多いはず?発音はマストドン↓だそう。

なんだか、かの国のミサイル的な名前ですが、約1万年前に実在したゾウの様な大型哺乳類の総称だそうです。

確かにこのアプリのキャラクターにもなってますね。

自分が好きなインスタンス(サーバー)の中にアカウントを作ってtwitterの様な短文投稿ができるもの。

投稿についてはtwitterではツイートと言いますが、mastodonはトゥート!う~ん似てる!

ですがtwitterと違う点はtwitterの文字数の制限が140文字と比べて短文投稿の文字数が500文字と多い点やネタバレやきわどい画像など読者に閲覧注意を促し公開範囲を決めることもできます。

twitterで動物保護のために文章だけでなく、あえて貼り付けられた虐待された動物の画像を見ちゃったときとか、

帰宅して録画を楽しみに見ようと思っていたスポーツの試合結果やドラマの最終回のオチを不覚にも投稿で見ちゃった時とか!

悔やんでも悔やみきれないですよね…。

その点、mastodonにこの機能があるとほんとにありがたいです。

次のページでは番外編で私がおススメする“ばえる”カメラアプリをご紹介します。

関 悠美

フェスは生もの。臨場感とリアリティーのある文章を心がけております。


同じカテゴリーのコラム

フェスを探す

条件を指定して探す

日付を選ぶ

から
まで

ジャンルを選ぶ

地域を選ぶ

都道府県を選ぶ

エリアを選ぶ

詳細条件を選ぶ

利用シーンを選ぶ